ディクテーション学習について

 ディクテーションという学習法があります。これは、英語を聞きながら聞こえてくる英語を一語一句残らず書き取るだけの極めて単純な学習法です。「音声を文字にする」というだけの作業のため、大して効果があるとは思えないと主張する人も多いようです。しかし、英文を書き取る作業の過程には、実にたくさんの要素が含まれており、私どもの調査で、ディクテーションの正解率とTOEICスコア(=英語能力)のあいだには非常に高い相関関係があることが証明されました。つまり、「ディクテーションの正解率からTOEICスコアが予測できる」ということです。また、インターネットを通じて、多くの方々にディクテーションを基本とした学習モニターをしていただきました。そして、その方々の学習結果から、ディクテーションは非常に効果的な学習法であることも判明しました。

ディクテーションの方法と効用

 ディクテーションの基になるのは、音声だけです。その音声だけの状態から、どこが文の始まりで終わりなのかを判断しなければなりません。ポーズを手がかりにすることもできますが、文法力がないと、文の初めや終わりを確実に判断できません。また、大文字にすべき単語、ハイフンを付けるべき位置、コロンやコンマの使い方など、その他の記号の位置や用法も知っておかなければなりません。こうしたところに、高度な文法力やライティング力が要求されます。

文法力をブラッシュアップする
 英単語にはたくさんの同音異綴語や紛らわしい発音の単語があります。こうした単語は、音声上はまったく同じに聞こえたり、すぐには判断できない発音で聞こえたりします。こうした場合には状況判断がポイントとなります。また、ふつうのスピードの英語では、「弱化」や「消失」と言われる音がはっきり聞こえない状態、「連結」と言われる音のつながり、他の発音にまぎれて別の発音に聞こえてしまう「同化」など、リスニングを困難にするさまざまな現象が起こります。こうした紛らわしい音声も、文法力があればそこを補って理解することができるのです。つまり、ディクテーション学習を続けることによって、リスニング力だけでなく、文法力、構文力、リーディング力が備わってくるのです。

英語の総合力を上げる
 ディクテーションは一見、物理音の聞き取り作業の世界から出ていないように思えますが、実はこのようにさまざまな要素を求められるため、Listening Comprehension能力(聴いて状況を判断し内容を理解する力)の養成を含め、リーディング力、ライティング力、文法力などをブラッシュアップするのに最も効果的なトレーニング法だと言えるのです。

ディクテーションの学習方法

 それでは、ディクテーションの学習法を具体的に説明していきましよう。

1. スクリプトが入手できる英文を使う。
 自己学習でディクテーションする場合、ディクテーションした自分の英文が正しいかどうかを確かめる必要があります。ですから、スクリプトは絶対に必要です。スクリプトが入手できる英文をディクテーションしましょう。

2. 「脱落」や「弱化」の少ないものを使う。
 脱落や弱化が頻繁に起きるような英語、つまりナチュラルスピードの映画のセリフなどは、ディクテーションにはあまり適していません。脱落や弱化が生じている箇所は、物理的にも音声がないことが多いのです。上級者になると、このように物理的に音声がない部分も聞き取ります。なぜでしようか。上級者は実際に音声がない部分でも、前後から内容を判断し、発音されていない音声を補って、頭の中で英文を再構築して聞いているからなのです。 しかし、初期の学習者は、脱落して聞こえにくい部分を聞き取ろうとするあまり、その1か所だけを集中して聞こうとすることがよくあります。物理的に発音されていない部分はもともと音がないわけですから、細かく区切って聞こうとすれば逆に聞こえないのです。ですから、初期のうちは、物理的に音声が脱落していないものを使って学習するほうが効果的です。

3. フレーズごとに区切って聞く。
 4~5語くらいのフレーズを目途に区切りながら聞き、それを書き取っていきます。文単位のようにあまり長いスパンで聞くと記憶できないため、何度も同じ場所を聞き直してしまい、効率がよくありません。フレーズごとに区切って聞くということは、逆に言うと、単語単位のように、あまりに細かく区切らないということにもなります。ある部分が聞き取れないからといって細かい部分を繰り返して聞いても無駄です。と言うのは、 「脱落現象」で聞こえない部分は、実際には音になっていないからです。 実際に音になっていない部分は、いくら繰り返して聞いても聞こえません。 voice of AmericaのSpecial Englishは、意味単位のフレーズごとに絶妙なポーズが施されています。このポーズを手がかりに区切って聞くと、意味単位で理解でき、また繰り返し聞くときに止めるところが分かりやすいのです。

4.手段は問わない。
 クラス内で指導者がいて何らかの制約を付けてディクテーションする場合は別ですが、自己学習でディクテーションする場合は、辞書を引く、インターネットで検索する、友人やnative speakerにたずねるなど、基本的には何をしても構いません。

5.身近な話題、新しい話題を選ぶ。
  英語学習で最も重要なことは持続です。長く続けるためには、興味が持てて、しかも自分の勉強や仕事に役立つものがよいでしよう。この点、ニュースは毎日違った内容を流してくれますし、興味を持続させてくれます。

関連サイト

VOA の公式サイト

http://www.voanews.com/english/portal.cfm

VOA Special English のページ

放送内容、放送スケジュール、単語リスト・ページなどへジャンプできます。

http://www.voanews.com/specialenglish/index.cfm