You’re out of touch. ― VOA English @ the Movies

The Gentlemenザ・ジェントルメン

 映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、2019年のイギリス映画 The Gentlemenザ・ジェントルメン』で使われた You’re out of touch. です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5295127.html

 コリン・ファレル、ヒュー・グラント、マシュー・マコノヒーといった大物俳優たちが出ています。

 ナレーターの女性は、冒頭の説明で “marijuana or Mary Jane” と言っています。marijuanaMary Jane は同じ物を指しますから、この orは「つまり」という意味ですね。同じものを言い換えるとき、orがよく使われます。

字幕で出てくる英語表現

Sweet Mary Jane is my vice. 「魅惑的なマリワナがオレの悪いクセでね」
 vice は「悪行、悪癖、欠点」という意味です。

Your poison on the other hand is and always has been a destroyer of worlds.「一方で、お前の毒はいつだって大量破壊を続けてきたんだ」
 worlds のように複数形になると、「大量、多数」という意味が出てきます。

そして、冒頭の表現が出てきます。

You’re out of touch, and I would like you to consider an offer.「お前は何も知らないんだよ。だから、売ることを考えろ」
 You’re out of touch. は「あなたは知らない、実態を知らない」という意味です。また、連絡が途絶えた人を表すときなどにも使います。He’s out of touch now. と言うと、「彼とは連絡が取れない」ということです。
 後半は「売ることだね」という意味です。それで、次のセリフにつながります。

I am not for sale.「オレは売り物じゃないぜ」
 アメリカでは、家屋の前や車などに、よく For Sale という掲示がしてあることがあります。売れると、Soldという掲示に変わります。

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

いいね!  まだ『いいね!』がありません。
よい記事でしたら、ぜひ『いいね!』を押してください。
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました