カリフォルニアの青い空 ― 18.ある友人の出来事

赤井田拓弥がカリフォルニア州 Palm Desert にある College of the Desert に留学していたときに起きた、さまざまな出来事をエッセイ風に書いています。


私がこの砂漠の町にやって来たのが8月5日。何度も書いたように、この時期、日中の気温は45度くらいまで上がることは頻繁である。

私より10日ほど遅れて、福岡出身の古賀くんという男がやってきた。私と同い年だった。そして、同じアパート(と言っても同じ部屋ではなく、同じ apartment complex の中の別の部屋だが)に住み始めた。

急な住環境や食事の変化で便秘になる人は多い。私も最初の数日そうだったが、古賀くんもご多分に漏れず、ひどい便秘に悩まされたらしい。

苦しみに苦しんだあげく、古賀くんは、ついに浣腸のお世話にならざるを得ないと判断した。そして、辞書で I’m constipated. I need an enema. (私は便秘です。浣腸器が必要です)という表現を覚えた。

そして、彼もまた、まだ車も持っていなかったので、1マイル離れたドラッグストアに、浣腸器を買いに行った。
忘れないように、道すがら I’m constipated. I need an enema. をリピートし続けたそうだ。

気温45度のなか、彼は歩いて1マイルを往復し、つまり3.2キロを歩き、アパートに帰ってトイレにこもり、施術に臨んだ。

そのアパートにある部屋はワンルーム(studio type)で、寝室を兼ねた部屋にはクーラーが付いていたが、トイレ(風呂といっしょ)にクーラーはなかった。

クーラーのないトイレにこもって浣腸を施し、小一時間を過ごした。

ものごとが解決したときには、3リットルくらいの汗が出て、便器のまわりは自分の汗で水びだしになっていた、と私に話してくれた。

いいね!  まだ『いいね!』がありません。
よい記事でしたら、ぜひ『いいね!』を押してください。
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました