カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 24.ルームメイトとの生活

 いっしょに住み始めて2週間ほどしたころ、「今度の週末は時間があるか?」と訊かれた。「ある」と答えると、アナハイムに住む彼のガールフレンドがアパートを引っ越すからその手伝いに行くが、君もいっしょに行ってくれないかという依頼だった。
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 23.アメリカでの食べ物の話

「アパートによっては No Fried Cabbage って掲示を出しているところもあるよ。これはね、黒人がキャベツの炒め物が好きで、こういった掲示を出して、暗に黒人の居住を拒んでいるわけだ」
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 22.引っ越し

 彼は当初、僕に支払い能力があるのかが心配だったようだ。私は私で、彼が30歳を超えて独身だったので、もしかしてゲイかもと心配だった。それで、住み始めてしばらくは、私は部屋にカギをかけて寝ていた。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 21.引っ越すことに

 アパートにしようと思ったが、1人で1つの部屋を借りるのは高くつく。なので、アパートのルームシェアが望みだった。  また、日本人とのルームシェアだとおそらく日本語ばかりを話すことになってしまい、アメリカまで英語を習得しに来た意味がないと思ったので、アメリカ人かほかの留学生とのシェアを望んだ。
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 20.無料だった授業料のこと

 まず、1976年に日本人留学生がどっとやってきた理由の1つは、授業料が無料だったことがいちばん大きいと思う。そして、78年の5月から8月にかけて帰国していった大きな理由は、この時期に、ESL の授業も大学の授業も有料になることが、州の法律で決定したからでもあった。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 19.ESL の授業と大学の授業

ESL(English as a Second Language)プログラムの授業料は無料だった。そして、しばらく授業を受けているうちに、1学期(semester)のあいだ6単位(unit)までであれば、大学の授業も無料で受けられるという情報を得た。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 18.ある友人の出来事

 苦しみに苦しんだあげく、古賀くんは、ついに浣腸のお世話にならざるを得ないと判断した。そして、辞書で I’m constipated. I need an enema. (私は便秘です。浣腸器が必要です)という表現を覚えた。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 17.車を買う

 30万円の中古車でも、今では安いと思えるくらいだが、当時、私は1か月200ドルくらいで生活していたので、千ドルは5か月の生活費に当たる。これで、私が日本から持ってきた金の大半が消えてしまった。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 16.日本人留学生や住んでいる日本人、日系人

この地に住んで1か月もすると、いろいろなことが分かってきた。そして、日系人や移住した日本人たちとも知り合いになり、その人たちの家を訪ねて夕食をごちそうになったりしているうちに、この地はすばらしいところだと思い始めた。
2021.02.26
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 15.English as a Second Language の授業

English as a Second Language というプログラムと English as a Foreign Language とは違う。 現在、アメリカの多くの大学で留学生を受け入れて行っている授業は後者である。前者は、移住者のための授業である。
2021.02.26
タイトルとURLをコピーしました