NULLARBOR PRESS

ディクテーション学習について

 ディクテーションという学習法があります。これは、英語を聞きながら聞こえてくる英語を一語一句残らず書き取るだけの極めて単純な学習法です。「音声を文字にする」というだけの作業のため、大して効果があるとは思えないと主張する人も多いようです。しかし、英文を書き取る作業の過程には、実にたくさんの要素が含まれており、私どもの調査で、ディクテーションの正解率とTOEICスコア(=英語能力)のあいだには非常に高い相関関係があることが証明されました。つまり、「ディクテーションの正解率からTOEICスコアが予測できる」ということです。また、インターネットを通じて、多くの方々にディクテーションを基本とした学習モニターをしていただきました。そして、その方々の学習結果から、ディクテーションは非常に効果的な学習法であることも判明しました。

ディクテーションの方法と効用

ディクテーションの基になるのは、音声だけです。その音声だけの状態から、どこが文の始まりで終わりなのかを判断しなければなりません。ポーズを手がかりにすることもできますが、文法力がないと、文の初めや終わりを確実に判断できません。また、大文字にすべき単語、ハイフンを付けるべき位置、コロンやコンマの使い方など、その他の記号の位置や用法も知っておかなければなりません。こうしたところに、高度な文法力やライティング力が要求されます。

文法力をブラッシュアップする
 英単語にはたくさんの同音異綴語や紛らわしい発音の単語があります。こうした単語は、音声上はまったく同じに聞こえたり、すぐには判断できない発音で聞こえたりします。こうした場合には状況判断がポイントとなります。また、ふつうのスピードの英語では、「弱化」や「消失」と言われる音がはっきり聞こえない状態、「連結」と言われる音のつながり、他の発音にまぎれて別の発音に聞こえてしまう「同化」など、リスニングを困難にするさまざまな現象が起こります。こうした紛らわしい音声も、文法力があればそこを補って理解することができるのです。つまり、ディクテーション学習を続けることによって、リスニング力だけでなく、文法力、構文力、リーディング力が備わってくるのです。

英語の総合力を上げる
 ディクテーションは一見、物理音の聞き取り作業の世界から出ていないように思えますが、実はこのようにさまざまな要素を求められるため、Listening Comprehension能力(聴いて状況を判断し内容を理解する力)の養成を含め、リーディング力、ライティング力、文法力などをブラッシュアップするのに最も効果的なトレーニング法だと言えるのです。

ディクテーションの学習方法

それでは、ディクテーションの学習法を具体的に説明していきましよう。

1. スクリプトが入手できる英文を使う。
 自己学習でディクテーションする場合、ディクテーションした自分の英文が正しいかどうかを確かめる必要があります。ですから、スクリプトは絶対に必要です。スクリプトが入手できる英文をディクテーションしましょう。

2. 「脱落」や「弱化」の少ないものを使う。
 脱落や弱化が頻繁に起きるような英語、つまりナチュラルスピードの映画のセリフなどは、ディクテーションにはあまり適していません。脱落や弱化が生じている箇所は、物理的にも音声がないことが多いのです。上級者になると、このように物理的に音声がない部分も聞き取ります。なぜでしようか。上級者は実際に音声がない部分でも、前後から内容を判断し、発音されていない音声を補って、頭の中で英文を再構築して聞いているからなのです。 しかし、初期の学習者は、脱落して聞こえにくい部分を聞き取ろうとするあまり、その1か所だけを集中して聞こうとすることがよくあります。物理的に発音されていない部分はもともと音がないわけですから、細かく区切って聞こうとすれば逆に聞こえないのです。ですから、初期のうちは、物理的に音声が脱落していないものを使って学習するほうが効果的です。

3. フレーズごとに区切って聞く。
 4~5語くらいのフレーズを目途に区切りながら聞き、それを書き取っていきます。文単位のようにあまり長いスパンで聞くと記憶できないため、何度も同じ場所を聞き直してしまい、効率がよくありません。フレーズごとに区切って聞くということは、逆に言うと、単語単位のように、あまりに細かく区切らないということにもなります。ある部分が聞き取れないからといって細かい部分を繰り返して聞いても無駄です。と言うのは、 「脱落現象」で聞こえない部分は、実際には音になっていないからです。 実際に音になっていない部分は、いくら繰り返して聞いても聞こえません。 voice of AmericaのSpecial Englishは、意味単位のフレーズごとに絶妙なポーズが施されています。このポーズを手がかりに区切って聞くと、意味単位で理解でき、また繰り返し聞くときに止めるところが分かりやすいのです。

4.手段は問わない。
 クラス内で指導者がいて何らかの制約を付けてディクテーションする場合は別ですが、自己学習でディクテーションする場合は、辞書を引く、インターネットで検索する、友人やnative speakerにたずねるなど、基本的には何をしても構いません。

5.身近な話題、新しい話題を選ぶ。
  英語学習で最も重要なことは持続です。長く続けるためには、興味が持てて、しかも自分の勉強や仕事に役立つものがよいでしよう。この点、ニュースは毎日違った内容を流してくれますし、興味を持続させてくれます。

TOEIC® L&R TEST スコア予測のやり方

 VOA Special Englishの10分間のニュースを利用し、自分のスコアを予測してみましょう。 以下の手順に従って作業を行ってください。

10分間のニュースを60分で書き取る。

 10分のニュースを60分かけて書き取ってください。直接、テキストボックスに文字を打っても、メモ帳に打ち込んだものをコピーしても構いません。また、手書きで書いたものを、後でゆっくり打ち込んでも構いません。 このあいだは、音声を何度も繰り返して聞いたり、辞書を見たりしても構いません。
!数字はすべてスペルアウトしてください。アラビア数字で書くと、正解率が悪くなります。

75分かけて清書する。

 60分経過したら、音声を聞くことはできません。60分かけて聞いたりメモを取ったりした内容から、前後関係を判断したりして英文をこしらえていきます。音声を聞くことはできませんが、辞書を見たりインターネットで調べたりという作業はできます。自己採点はパソコン上で行いますので、文書はパソコンに入力しておくのがよいでしょう。

文書を送信し、自動採点する。

 清書を始めて75分が経過したら、書き取り作業あるいはパソコンへの入力作業を止めて、文書をテキストボックスに貼り付け、送信してください。 正解率と不正解の単語が示されます。表示された正解率を次の換算表に当てはめ、ご自分のTOEICスコアを予測してみましょう。

Voice of America Special English のディクテーションの実験とその結果

 以上の学習法の条件をすべて満たすのが、Voice of AmericaのSpecial Englishです。このディクテーション学習プログラムが優れた英語学習プログラムであるかどうかを検証するために、 1996年12月、早稲田大学の三枝幸夫元教授グループは、次のような実験を行いました。

VOA Special English NewsのディクテーションとTOEICスコアの統計調査

 まず、いろいろな英語能力レベルの被験者129人にTOEICを受けてもらいました。 TOEICスコアは、最高点者が890点、最低点者が220点でした。そして、この人たちに、次のページに示した条件でSpecial Enghshによる10分間のVOAニュースをディクテーションしてもらいました。

ディクテーション学習調査の方法と条件

1. 10分のニュースを60分で書き取る。
 各被験者はそれぞれに支給されたテープレコーダーを用いて、 60分のあいだは何度でも繰り返してテープを聞き直すことができ、聞き取ったままにカタカナ書きしても、辞書を見ながら正しいつづりで書いても構いません。自分で固有名詞だと思う単語はスペルアウトする必要はなく、スラッシュで代用できることにしました。

2.さらに75分かけて清書する。
 60分間のディクテーションが終わると、次に、 75分かけて清書してもらいました。この時点ではテープレコーダーを使うことはできません。書き取った自分のメモと意味、文法力を頼りに清書していきます。この調査のときは全員手書きにしてもらいましたが、もちろん、パソコンやワープロに入力しても構いません。

実験の結果

この実験の目的は、被験者のTOEICスコアとディクテーション正答率との間にどのような相関関係があるかを調査することでした。もしTOEICスコアとディクテーション正答率とのあいだに高い相関性があるとすれば、VOAディクテーションプログラムは、TOEIC同様、英語能力を正確に評価測定できることが証明されたことになります。それと同時に、このプログラムを使って効果的に学習すれば、英語能力を伸ばすことができると予測されます。つまり、学習方法が簡単でもありますから、自己学習プログラムとして適していることが証明されることになります。

【参加者129人のTOEICスコア分布】
 最高点がトータル890点で、最低点が220点でした。そして、下の表のように、まんべんなく分布しています。 TOEICスコアは各セクションが5-495点、トータルが10-990点です。

セクション別スコア分布 トータルスコア分布
スコア範囲 リスニングスコア人数 リーディングスコアの人数 スコア範囲 人数
435~495 13 2 865~990 3
355~430 24 19 705~860 25
…………………………………………………………………………………………………………………
300~350 31 13 600~700 18
250~295 21 20 500~595 32
200~245 20 31 400~495 19
150~195 16 23 300~395 23
5~145 4 21 10~295 9

【参加者129人のディクテーションの正解率】
 ディクテーションの正解率の検証の結果、当初の予測通り、 TOEICスコアの分布と同じように、ディクテーションの正解率も、最高98.21%と最低9.28%のあいだに、まんべんなく分布していました。正解率データの平均値の95%を信頼限界として設定し、予測誤差がこの区間を超えたものを機棚勺に外すことにしました。この結果、 129人の中から8人を外し、 121人のデータを検証しました。
 そして、ディクテーションの正解率とTOEICスコア(-英語能力)のあいだにはな関係があり、その相関係数は次のようになることが分かりました。

【ディクテーションの正解率とTOEICスコアの相関係数】
 相関係数は次のとおりになります。相関係数は100%相関性があるということですから、下の数値がいかに高いかがお分かりいただけると思います。

TOEICのListeningとの相関係数 -0.830
 TOEICのReadingとの相関係数 -0.825
 TOEICのTotalとの相関係数  → 0.872 (ナラボー ・プレスHPの三枝教授の記事より引用)

【正解率とTOEICスコアの関係】
 こうした条件の下でディクテーションした場合の正解率は、TOEICスコアに換算できることが、上記の調査結果から判断できるというわけです。そして、ディクテーションの正解率とTOE】Cスコアとの換算表は次のようになります。

【正解率とTOEICスコアの関係】
TOEICスコア(トータル)
20 25 30 35 40 45 50 55
300 330 370 400 440 470 510 540
60 65 70 75 80 85 90
580 610 640 690 720 760 800

上の表からおもしろい結果(一致)が分かります。ディクテーションの正解率のほぼ10倍がTOEICスコアになっていることにお気づきでしようか。