VOA リスニング

VOA Learning English 210310

Will the End of Internet ‘Cookies’ Bring More User Privacy?

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Will the End of Internet ‘Cookies’ Bring More User Privacy?

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 Google社が発表したクッキーやそれに代わるユーザーの追跡を行う技術を今後使用しないと明言した話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事は理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Google has announced plans to stop supporting tools designed to follow internet users across the web in order to target them with specific advertising.

Such tools are known as Cookies. These are small data files that are stored on an internet user’s computer as they browse different websites. This data can be read by web servers to identify web browsing behaviors of the user.

Cookies make it possible for users to avoid having to repeatedly enter their user names and passwords to get access to websites they use often. But the use of Cookies raises major privacy concerns, with critics saying a user’s browsing history should not be recorded just to target them with ads.

Google announced in 2020 it had decided “to remove support for third-party Cookies” from its Chrome browser. Chrome has a world market share of about 60 percent. Other browsers, such as Mozilla’s Firefox and Apple’s Safari, have already blocked third-party Cookies.

In another recent online announcement, Google repeated this promise and said it will not build or use new tools to replace current cookie technology.

In explaining its decision, Google pointed to a Pew Research study that found 72 percent of Americans feel that almost all of what they do online or on a cellphone is tracked by advertisers. Google’s decision to remove third-party Cookies also followed increasing efforts to protect privacy in Europe and the United States.

Google said the current internet advertising model needs to change to answer “the growing concerns people have about their privacy and how their personal identity is being used.” Otherwise, it added, “we risk the future of the free and open web.”

Questions raised on Google’s plan

In January, however, Google’s plan was called into question by British competition regulators. The country’s Competition and Markets Authority announced it had launched an investigation into whether the changes would give Google an unfair advantage over competitors in internet advertising.

The agency said it received objections to the plan from Marketers for an Open Web, a coalition of technology and publishing companies. The group accuses Google of “abusing its dominant position” by attempting to create a new advertising model.

In its latest statement, Google said it has been working with others in the industry on the “Privacy Sandbox” project, which aims to create a new system to please both advertisers and publishers. Google also repeated that it does not plan to replace third-party Cookies with new “user level identifiers.”

“We will not build alternate identifiers to track individuals as they browse across the web, nor will we use them in our products,” the company said.

What Google is proposing is to group web users with similar interests together to gather information for advertising purposes. Such a system would “hide individuals within large [groups] of people” and prevent individual tracking, the company said.

Businesses could, for example, target ads to a group of people who show interest in buying a car, rather than using Cookies that tracked individual users across different car-buying websites.

James Rosewell heads Marketers for an Open Web. He told The Associated Press that even though the changes are aimed at improving user privacy, Google will still be able to track users of its own services.

“What they’re not saying is that ‘people are logged into our products all the time’” and therefore are giving permission to be tracked when they use Search, Maps, Gmail or YouTube, Rosewell said. “What they’re not saying is, ‘we’re going to stop all of that’.”

I’m Bryan Lynn.

The Associated Press reported this story. Bryan Lynn adapted the report for Learning English. Hai Do was the editor.

We want to hear from you. Write to us in the Comments section, and visit our Facebook page.


Words in This Story

browse – v. to look at information on the internet

access – n. the right or ability to approach, enter, or use track – v. to follow and watch the progress of a process or project

regulator – n. a part of the government that controls a public activity by making and enforcing rules

advantage – n. something (such as a good position or condition) that helps to make someone or something better or more likely to succeed

dominant – adj. the main or most important

alternate – adj. taking the place of something else

log in – v. to connect a computer to a system of computers by usually entering a name and password

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Will the End of Internet ‘Cookies’ Bring More User Privacy?
インターネットの「Cookie」の使用停止はさらなるユーザーのプライバシー保護をもたらすか?

Google has announced plans to stop supporting tools designed to follow internet users across the web in order to target them with specific advertising.
Googleは、ネットユーザーを特定の広告のターゲットにするために、ウェブ全体をフォローするように設計されたツールのサポートを停止する計画を発表しました。

Such tools are known as Cookies. These are small data files that are stored on an internet user’s computer as they browse different websites. This data can be read by web servers to identify web browsing behaviors of the user.
このようなツールはCookieとして知られています。これらはユーザーがさまざまなWebサイトを閲覧するときに、彼らのコンピューターに保存される容量の小さなデータファイルです。このデータは、ユーザーのWebブラウジング動作を識別するために、Webサーバーによって読み取ることができます。

Cookies make it possible for users to avoid having to repeatedly enter their user names and passwords to get access to websites they use often. But the use of Cookies raises major privacy concerns, with critics saying a user’s browsing history should not be recorded just to target them with ads.
Cookieを利用することで、ユーザーがよく利用するWebサイトにアクセスするための、ユーザー名やパスワードの入力を繰り返しする必要がなくなります。しかし、Cookieの使用はプライバシーに関する大きな懸念を引き起こし、批評家は、ユーザーの閲覧履歴を広告目的でターゲットにするためだけに記録するべきではないと述べています。

Google announced in 2020 it had decided “to remove support for third-party Cookies” from its Chrome browser. Chrome has a world market share of about 60 percent. Other browsers, such as Mozilla’s Firefox and Apple’s Safari, have already blocked third-party Cookies.
Googleは2020年に、Chromeブラウザから「サードパーティのCookieのサポートを停止する」ことにしたと発表しました。 Chromeの全世界での市場シェアは約60%です。MozillaのFirefoxやAppleのSafariなどの他のブラウザは、すでにサードパーティのCookieをブロックしています。

In another recent online announcement, Google repeated this promise and said it will not build or use new tools to replace current cookie technology.
別の最近のオンライン上での発表では、Googleは、現在のCookieテクノロジーに代わる新しいツールを構築または使用しないという誓約を繰り返し述べました。

In explaining its decision, Google pointed to a Pew Research study that found 72 percent of Americans feel that almost all of what they do online or on a cellphone is tracked by advertisers. Google’s decision to remove third-party Cookies also followed increasing efforts to protect privacy in Europe and the United States.
こうした決定の説明の場において、PewResearchによる、アメリカ人の72%が、オンラインまたは携帯電話で行うことのほとんどすべてが広告主によって追跡されていると感じているという調査結果について言及しました。サードパーティのCookieを削除するというGoogleの決定は、ヨーロッパと米国でのプライバシー保護への取り組みの高まりに追従するものです。

Google said the current internet advertising model needs to change to answer “the growing concerns people have about their privacy and how their personal identity is being used.” Otherwise, it added, “we risk the future of the free and open web.”
Googleは、現在のインターネット広告モデルは、「人々が抱えるプライバシーや個人のアイデンティティがどのように使用されているかについての懸念の高まり」に答えるために、変えていく必要があると述べました。そうでなければ、「私たちは自由で開かれたウェブの未来を危険にさらすでしょう」とも付け加えました。

Questions raised on Google’s plan
Googleの計画についての懸念

In January, however, Google’s plan was called into question by British competition regulators. The country’s Competition and Markets Authority announced it had launched an investigation into whether the changes would give Google an unfair advantage over competitors in internet advertising.
しかし、1月に、Googleの計画は英国の競争規制当局によって疑問視されました。国の公正取引委員会は、こうした変更がインターネット広告において、競合他社に対して不当な優位性をGoogleに与えるかについての調査を開始したと発表しました。

The agency said it received objections to the plan from Marketers for an Open Web, a coalition of technology and publishing companies. The group accuses Google of “abusing its dominant position” by attempting to create a new advertising model.
委員会は、テクノロジーと出版社の連合団体であるOpen Webのマーケティング責任者から計画に対する意義を受けたと述べました。この団体は、新しい広告モデルを作成しようとして、Googleが「支配的な地位を乱用した」と非難しています。

In its latest statement, Google said it has been working with others in the industry on the “Privacy Sandbox” project, which aims to create a new system to please both advertisers and publishers. Google also repeated that it does not plan to replace third-party Cookies with new “user level identifiers.”
Googleは最新の声明で、「プライバシーサンドボックス」プロジェクトにおいて、業界の他の人々と一緒に取り組んでいると述べました。このプロジェクトは、広告主と出版社の両方を満足させる新しいシステムを作成することを目的としているものです。またGoogleは、サードパーティのcookie を新しい「ユーザーレベルの識別子」に置き換える予定はないと繰り返しました。

“We will not build alternate identifiers to track individuals as they browse across the web, nor will we use them in our products,” the company said.
「個人がWebを閲覧するときに追跡するための代替となる識別子を作成したり、製品で使用したりすることはありません」と同社は述べています。

What Google is proposing is to group web users with similar interests together to gather information for advertising purposes. Such a system would “hide individuals within large [groups] of people” and prevent individual tracking, the company said.
Googleが提案しているのは、同じような興味を持つウェブユーザーをグループ化して、広告目的で情報を収集することです。このようなシステムは「大規模な[グループ]の人々の中に個人を隠し」、個人の追跡を妨げるでしょうと同社は述べています。

Businesses could, for example, target ads to a group of people who show interest in buying a car, rather than using Cookies that tracked individual users across different car-buying websites.
たとえば、企業は、様々な自動車購入サイトの巡っている個人をcookie を使って追跡するのではなく、自動車購入についての関心を示す人々のグループに広告をターゲットにするのです。

James Rosewell heads Marketers for an Open Web. He told The Associated Press that even though the changes are aimed at improving user privacy, Google will still be able to track users of its own services.
James Rosewellは、Open Webのマーケット部門を率いています。彼はAP通信に、変更はユーザーのプライバシーを改善することを目的としていたとしても、Googleはそれでも独自のサービスのユーザーを追跡することができるだろうと語りました。

“What they’re not saying is that ‘people are logged into our products all the time’” and therefore are giving permission to be tracked when they use Search, Maps, Gmail or YouTube, Rosewell said. “What they’re not saying is, ‘we’re going to stop all of that’.”
「彼らが言っていないことは、「人々は常に自分たちの製品にログインしている」ということです。それは、検索、マップ、Gmail、またはYouTubeを使用するときに追跡する許可を与えているということだ、とローズウェル氏は言います。 「彼らは、 『私たちはそうしたすべてのことをやめるつもりだ』とは言っていないということです。」

I’m Bryan Lynn.
ブライアン・リンです。

The Associated Press reported this story. Bryan Lynn adapted the report for Learning English. Hai Do was the editor.
AP通信はこの話題をレポートしました。ブライアンリンはLearning English 用にレポートを改編しました。 編集者はHai Doです。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。