VOA リスニング

VOA Learning English 210317

Research Group Proposes Way to Travel Faster than Speed of Light

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Research Group Proposes Way to Travel Faster than Speed of Light

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 アメリカ人物理学者の研究機関が光の速さを超える移動手段を提唱したという話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

In science fiction movies, there are many examples of spaceships racing through space at the speed of light or faster. But is faster-than-light travel possible?

A new research paper written by an American physicist has proposed a theory for how faster-than-light travel could be possible. The research was carried out by Erik Lentz, who did the work at Germany’s University of Goettingen.

Lentz and his team believe that travel to distant stars and planets could be possible in the future. But this can happen only if space vehicles travel faster than the speed of light.

Light can travel at about 300,000 kilometers in one second. Physicist Albert Einstein’s famous theory of relativity suggests that it is not possible to travel faster than light.

As a result, the latest research on the subject has centered on theories beyond normal explanations of matter. They call for “hypothetical particles” and states of matter with unusual physical properties to permit faster-than-light travel.

This kind of matter either cannot be found or cannot be manufactured in necessary amounts, the paper states. The new paper places more importance not on theoretical research, but on a possible engineering solution.

The research describes a plan to permit superfast travel by creating a series of, what the researchers call, solitons to provide the basis for a powerful propulsion system. A soliton is a compact wave that keeps its speed and shape while moving with little loss of energy.

The research suggests that such a method could permit travel at any speed. The results recently appeared in the publication Classical and Quantum Gravity.

The method “uses the very structure of space and time arranged in a soliton to provide a solution to faster-than-light travel,” said a press release explaining the process.

Lentz told Reuters news agency that such a “warp drive” technology could be used to sharply reduce travel times. That could make future travel to distant space objects possible.

The nearest star beyond our solar system is Proxima Centauri. It is about 4.25 light years away. A light year is the distance it takes light to travel in one year.

Lentz said that using traditional rocket fuel, it would take about 50,000 to 70,000 years to reach Proxima Centauri. A trip using nuclear propulsion technology would take about 100 years, he said. But a light speed trip would take only four years and three months, Lentz added.

The researchers’ plan promises the hope of faster-than-light-speed travel, which could lead to “distant interstellar travel within a human lifetime.”

Lentz said a lot of work will be needed to make the method become a reality. To be useful, it would require lowering the energy needed down to the level of modern nuclear power reactors. A way to develop and speed up the solitons must also be created, he added.

Lentz sees the research and development process as difficult, but not impossible. He said additional steps could happen over the next several years, with a fully operational version possible within the next 10 years.

He added that the first truly light speed trips could be tested in the years afterward. “I would like to see this technology in use in my lifetime,” Lentz said.

I’m Bryan Lynn.

Reuters reported this story. Bryan Lynn adapted the report for Learning English, with additional information from Goettingen University. Mario Ritter, Jr. was the editor.


Words in This Story

hypothetical – adj. involving or based on a suggested idea or theory; based on a hypothesis

propulsion – n. a force that moves something forward

compact – adj. smaller than other things of the same kind

arrange – adj. organized in a certain order or position

warp – adj. related to speed that is extremely fast, even faster than light, usually found in works of science fiction

interstellar – adj. between the stars

prototype – n. a first model of something that serves as the basis for future developments

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Research Group Proposes Way to Travel Faster than Speed of Light
研究者の団体が光速を超える速さの移動の方法を提唱

In science fiction movies, there are many examples of spaceships racing through space at the speed of light or faster. But is faster-than-light travel possible?
SF映画には、光速以上の速度で宇宙を駆け抜ける宇宙船の例がたくさんあります。しかし、超光速航法は可能でしょうか?

A new research paper written by an American physicist has proposed a theory for how faster-than-light travel could be possible. The research was carried out by Erik Lentz, who did the work at Germany’s University of Goettingen.
アメリカの物理学者によって書かれた新しい研究論文は、超光速での移動が可能になる方法に関する理論を提唱しました。この研究は、ドイツのゲッティンゲン大学で研究を行ったエリック・レンツによって実施されました。

Lentz and his team believe that travel to distant stars and planets could be possible in the future. But this can happen only if space vehicles travel faster than the speed of light.
レンツと彼のチームは、遠くの星や惑星への旅行が将来可能になると信じています。しかし、これは宇宙船が光速よりも速く移動する場合にのみに可能となります。

Light can travel at about 300,000 kilometers in one second. Physicist Albert Einstein’s famous theory of relativity suggests that it is not possible to travel faster than light.
光は1秒間に約300,000キロメートルを移動できます。有名な物理学者アルバートアインシュタインの相対性理論は、光より速く移動することは不可能であることを示唆しています。

As a result, the latest research on the subject has centered on theories beyond normal explanations of matter. They call for “hypothetical particles” and states of matter with unusual physical properties to permit faster-than-light travel.
結果として、このテーマに関する最新の研究は、通常の物質の説明を超えた理論に集中しています。彼らは、光速を超える移動が可能であることとするための、「仮想粒子」や通常ではありえない物理的な特性を持つ物質の状態を必要としています。

This kind of matter either cannot be found or cannot be manufactured in necessary amounts, the paper states. The new paper places more importance not on theoretical research, but on a possible engineering solution.
この種の問題は、発見できないか、必要な量の製造はできないかのどちらかである、と論文は述べています。新しい論文は、理論的研究ではなく、実現可能となる工学的な解決策をより重要視しています。

The research describes a plan to permit superfast travel by creating a series of, what the researchers call, solitons to provide the basis for a powerful propulsion system. A soliton is a compact wave that keeps its speed and shape while moving with little loss of energy.
この研究では、強力な推進システムの基礎を提供する一連の、研究者が呼ぶところの、ソリトンを作成することにより、超高速の移動を可能にする計画について説明しています。ソリトンは、エネルギーをほとんど失うことなく移動しながら、その速度と形状を保つコンパクトな波動を指します。

The research suggests that such a method could permit travel at any speed. The results recently appeared in the publication Classical and Quantum Gravity.
研究では、そのような方法がどのような速度の移動も可能にすることを示唆しています。結果は、出版物 Classical and QuantumGravity にて掲載されました。

The method “uses the very structure of space and time arranged in a soliton to provide a solution to faster-than-light travel,” said a press release explaining the process.
この方法は、「光速を超える移動の解決法となるソリトンによって、配置された空間と時間の構造そのものを使用する」と、プロセスを説明する記者会見で述べられました。

Lentz told Reuters news agency that such a “warp drive” technology could be used to sharply reduce travel times. That could make future travel to distant space objects possible.
レンツ氏はロイター通信社に対し、このような「ワープ飛行」を使えば、移動時間を大幅に短縮することができると語りました。これは、遠方にある宇宙の物体への未来の旅行を可能にするかもしれません。

The nearest star beyond our solar system is Proxima Centauri. It is about 4.25 light years away. A light year is the distance it takes light to travel in one year.
私たちの太陽系の先にある最も近い星はプロキシマケンタウリです。この星は約4.25光年離れています。光年とは、1年間に光が移動するのにかかる距離です。

Lentz said that using traditional rocket fuel, it would take about 50,000 to 70,000 years to reach Proxima Centauri. A trip using nuclear propulsion technology would take about 100 years, he said. But a light speed trip would take only four years and three months, Lentz added.
レンツ氏によると、従来のロケット燃料を使用すると、プロキシマケンタウリに到達するまでに約5万年から7万年かかるとのことです。原子力推進技術を使った旅行では約100年かかるでしょうと彼は述べました。しかし、光速での移動では、たったの4年と3か月しかかからないでしょうとレンツ氏は付け加えました。

The researchers’ plan promises the hope of faster-than-light-speed travel, which could lead to “distant interstellar travel within a human lifetime.”
研究者たちの計画は、光速を超える移動の希望を約束しており、それは「人間の寿命の内で可能となる遠く離れた恒星間の移動」につながる可能性も含みます。

Lentz said a lot of work will be needed to make the method become a reality. To be useful, it would require lowering the energy needed down to the level of modern nuclear power reactors. A way to develop and speed up the solitons must also be created, he added.
レンツ氏は、この方法を実現するには多くの作業が必要になると述べました。実用化するためには、必要となるエネルギーを現代の原子炉のレベルまで引き下げる必要があります。ソリトンを開発してスピードアップする方法も作成する必要がありますと彼は付け加えました。

Lentz sees the research and development process as difficult, but not impossible. He said additional steps could happen over the next several years, with a fully operational version possible within the next 10 years.
レンツ氏は、研究開発プロセスは困難だが不可能ではないと見なしています。彼は、今後数年間で追加の手順が発生する可能性があり、今後10年以内に十分に機能する段階が可能になると述べました。

He added that the first truly light speed trips could be tested in the years afterward. “I would like to see this technology in use in my lifetime,” Lentz said.
彼は、最初の光速移動はあと数年でテストできると付け加えました。「このテクノロジーが私が生きている内に使用されることを望んでいます」とレンツ氏は述べています。

I’m Bryan Lynn.
ブライアン・リンです。

Reuters reported this story. Bryan Lynn adapted the report for Learning English, with additional information from Goettingen University. Mario Ritter, Jr. was the editor.
ロイターがこの話題をレポートしました。ブライアン・リンが、ゲッティンゲン大学からの追加情報を使い、Learning English用の素材として改編しました。 編集者はMario Ritter、Jrです。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。