VOA リスニング

VOA Learning English 210404

Study: Long Periods in Space Can Shrink the Heart

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Study: Long Periods in Space Can Shrink the Heart

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 長期にわたる宇宙の滞在によって心臓が縮むかもしれないという研究結果が出された話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事は理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

A new study suggests that long periods in space can cause the human heart to shrink.

The study -- by a team of American researchers -- comes as the U.S. makes plans to build a long-term base on the moon and prepares to send astronauts to Mars.

Part of the study was based on the experiences of retired astronaut Scott Kelly. The U.S. space agency NASA says that during his career, Kelly spent more time in space than any other American astronaut. One of Kelly’s stays aboard the International Space Station (ISS) lasted 340 days.

Researchers from the University of Texas’ Southwestern Medical Center (UT Southwestern) in Dallas examined physical data collected during Scott’s long stay aboard the ISS. The goal was to learn the effects of weightlessness on heart health and performance.

The team found that during Kelly’s stay in space, the left ventricle of his heart shrank about 0.74 grams per week.

Dr. Benjamin Levine is a professor of internal medicine at UT Southwestern. He was the leader of the research. In a statement, he explained that because of the conditions in space, the heart does not have to work as hard to pump blood uphill from the feet. Over time, this can cause shrinkage.

The heart has to work harder to keep blood flowing as it works against gravity, Levine explained. This permits the heart to keep its size and perform effectively. In an effort to keep their muscles and organs healthy in space, astronauts are required to perform different kinds of exercises throughout their stay.

Reductions in heart size are also seen in patients who spend long periods in bed because they are lying flat and the heart does not have to work as hard to pump. In the astronaut experience, Levine said that even though the heart is good at adapting to changes in gravity, the exercise Kelly got was not enough to keep the heart unchanged.

“Both the impact of gravity as well as the adaptive response to exercise play a role,” he told the American Heart Association’s (AHA) Circulation Journal Report. “And we were surprised that even extremely long periods of low-intensity exercise did not keep the heart muscle from shrinking,” Levine added.

Full results of the study recently appeared in the AHA’s publication Circulation.

A second part of the study examined data from a long-distance swimmer who spent nearly a year trying to cross the Pacific Ocean. The swimmer, Benoît Lecomte, was chosen because he swam more than 2,800 kilometers over 159 days. Lecomte made it about a third of the way across the Pacific before deciding to stop because of bad weather and damage to a boat following him.

Levine says long-distance swimming has similar effects to weightlessness because water pressure works against the force of gravity. The study showed that during Lecomte’s swim, his left heart ventricle shrank about 0.72 grams per week.

The researchers noted that both Kelly and Lecomte had nearly the same heart shrinkage level even though Lecomte exercised much more, swimming an average of six hours a day. Kelly spent one to two hours a day exercising in space.

Levine said he was somewhat surprised by this finding. But he noted that endurance swimming is not considered a “high-intensity” exercise. So the health benefits from swimming were likely outweighed by the heart not having to work as hard to pump blood uphill.

Even with the changes in both men, Levine said the overall heart function “remained good” throughout the study period. “I think this is encouraging for long-duration space flight,” he added. “It shows that even after a year in space, the heart adapts relatively well.”

The researchers say further study will be needed to confirm the latest findings as scientists attempt to create guidelines for future astronauts expected to spend long periods in space.

Levine is prepared to lead some of those studies. He has worked with NASA on several projects in the past and the space agency recently awarded him $3.8 million to be used over the coming years to study the effects of space travel on the heart.

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for Learning English, based on reports from UT Southwestern, the American Heart Association and Circulation. Hai Do was the editor.


Words in This Story

ventricle – n. either of two small, hollow spaces on each side of the heart that force blood into tubes leading from the heart to other parts of the body

adapt – v. to change to become suitable for a new situation

impact – n. a powerful or major influence or effect

respond – v. to answer or reply

benefit – n. a helpful or good effect

function – n. the natural purpose of something

encourage – v. to make (someone) more determined, hopeful, or confident

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Study: Long Periods in Space Can Shrink the Heart
研究:宇宙での長期間の滞在は心臓を縮ませるかもしれない

A new study suggests that long periods in space can cause the human heart to shrink.
新しい研究は、宇宙での長期間の滞在によって人間の心臓は縮むするかもしれないということを示唆しています。

The study -- by a team of American researchers -- comes as the U.S. makes plans to build a long-term base on the moon and prepares to send astronauts to Mars.
アメリカの研究者チームによるこの研究は、アメリカが月に長期滞在用の基地を建設する計画を立て、宇宙飛行士を火星に送りこむ準備をしているときに行われます。

Part of the study was based on the experiences of retired astronaut Scott Kelly. The U.S. space agency NASA says that during his career, Kelly spent more time in space than any other American astronaut. One of Kelly’s stays aboard the International Space Station (ISS) lasted 340 days.
研究の一部は、引退した宇宙飛行士スコット・ケリーの経験をもとにしています。米国の宇宙機関であるNASAは、ケリーが彼の宇宙飛行士としてのキャリアの中で、どのアメリカ人の宇宙飛行士よりも宇宙で多くの時間を過ごしたと言います。ケリーの国際宇宙ステーション(ISS)での滞在には、340日間連続のものもあります。

Researchers from the University of Texas’ Southwestern Medical Center (UT Southwestern) in Dallas examined physical data collected during Scott’s long stay aboard the ISS. The goal was to learn the effects of weightlessness on heart health and performance.
ダラスにあるテキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター(UTサウスウエスタン)の研究者は、スコットがISSに長期滞在している間に収集された身体のデータを調べました。無重力が心臓の健康状態とパフォーマンスに及ぼす影響を調べることが目的でした。

The team found that during Kelly’s stay in space, the left ventricle of his heart shrank about 0.74 grams per week.
研究チームは、ケリーが宇宙に滞在している間に、心臓の左心室が週に約0.74グラム縮小したことを発見しました。

Dr. Benjamin Levine is a professor of internal medicine at UT Southwestern. He was the leader of the research. In a statement, he explained that because of the conditions in space, the heart does not have to work as hard to pump blood uphill from the feet. Over time, this can cause shrinkage.
ベンジャミン・レバイン博士は、UTサウスウエスタンの内科の教授です。彼は研究の責任者でした。声明の中で、彼は、宇宙空間において、足から上体に血液を送り出すのに、心臓はそれほど懸命に働く必要がないと説明しました。時間が経つにつれて、このことが収縮を引き起こす可能性があります。

The heart has to work harder to keep blood flowing as it works against gravity, Levine explained. This permits the heart to keep its size and perform effectively. In an effort to keep their muscles and organs healthy in space, astronauts are required to perform different kinds of exercises throughout their stay.
心臓は重力に逆らって作用し、血流を維持するためにもっと一生懸命働かなければならない、とレバインは説明しました。これにより、心臓はその大きさ維持し、効率的に機能することができます。宇宙飛行士は、宇宙空間において筋肉や臓器の健康に保つために、滞在中にさまざまな種類の運動を行う必要があります。

Reductions in heart size are also seen in patients who spend long periods in bed because they are lying flat and the heart does not have to work as hard to pump. In the astronaut experience, Levine said that even though the heart is good at adapting to changes in gravity, the exercise Kelly got was not enough to keep the heart unchanged.
心臓の大きさの減少は、ベッドに長い間横たわっており、心臓がポンプでくみ上げるのにそれほど一生懸命働く必要がない患者にも見られます。宇宙飛行士の経験において、レバインは、心臓は重力の変化に順応するのは得意だとしても、ケリーが行った運動は心臓の変化を起こさないようにするのに十分ではなかったと言いました。

“Both the impact of gravity as well as the adaptive response to exercise play a role,” he told the American Heart Association’s (AHA) Circulation Journal Report. “And we were surprised that even extremely long periods of low-intensity exercise did not keep the heart muscle from shrinking,” Levine added.
「重力の影響と運動への適応反応の両方が大事な役割を果たします」と彼はアメリカ心臓協会(AHA)の循環ジャーナルレポートに語りました。 「そして、かなりの長時間にわたる低強度運動も、心筋の収縮を避けることができなかったことに驚きました」とレバインは付け加えました。

Full results of the study recently appeared in the AHA’s publication Circulation.
この研究の完全な結果は、最近AHAの出版物であるCirculationに掲載されました。

A second part of the study examined data from a long-distance swimmer who spent nearly a year trying to cross the Pacific Ocean. The swimmer, Benoît Lecomte, was chosen because he swam more than 2,800 kilometers over 159 days. Lecomte made it about a third of the way across the Pacific before deciding to stop because of bad weather and damage to a boat following him.
研究の第2部として、太平洋を横断しようとして1年近くを費やした遠泳者のデータを調べました。スイマーのブノワ・ルコントは、159日間で2,800キロ以上泳いだこともあり、被験者として選ばれました。 ルコントは、悪天候と彼をサポートするボートの損傷によって、遠泳中止を決断するまでに、太平洋を横断する行程の約3分の1にまで到達していました。

Levine says long-distance swimming has similar effects to weightlessness because water pressure works against the force of gravity. The study showed that during Lecomte’s swim, his left heart ventricle shrank about 0.72 grams per week.
レバイン氏によると、遠泳は重力に逆らって水圧が作用するため、無重力状態と同様の効果があります。調査は、ルコントの水泳中に、彼の左心室が週に約0.72グラム縮小したことを示しました。

The researchers noted that both Kelly and Lecomte had nearly the same heart shrinkage level even though Lecomte exercised much more, swimming an average of six hours a day. Kelly spent one to two hours a day exercising in space.
研究者たちは、ルコントがはるかに多くの運動をし、1日平均6時間泳いだにもかかわらず、ケリーとルコントの両名の心臓が、ほぼ同程度収縮していたと指摘しました。ケリーは1日1〜2時間程度、宇宙空間で運動していました。

Levine said he was somewhat surprised by this finding. But he noted that endurance swimming is not considered a “high-intensity” exercise. So the health benefits from swimming were likely outweighed by the heart not having to work as hard to pump blood uphill.
レバインは、この発見に少し驚いたと言いました。しかし彼は、遠泳は「高強度」の運動とは見なされないと述べた。したがって、心臓が血液を上体に送り出すために一生懸命働く必要がないことにより、(そのデメリットが)水泳による健康上のメリットを上回るかもしれないのです。

Even with the changes in both men, Levine said the overall heart function “remained good” throughout the study period. “I think this is encouraging for long-duration space flight,” he added. “It shows that even after a year in space, the heart adapts relatively well.”
たとえ両男性に変化があったとしても、レバインは、研究期間を通して全体的な心臓機能は「良好なままであった」と述べました。 「これは、長時間の宇宙飛行にとって励みになると思います」と彼は付け加えました。 「それは、宇宙で1年過ごした後でも、心臓は比較的よく適応していることを示しています。」

The researchers say further study will be needed to confirm the latest findings as scientists attempt to create guidelines for future astronauts expected to spend long periods in space.
宇宙で長期間過ごすことが予想される将来の宇宙飛行士のためのガイドラインを作成しようとしているいこともあり、科学者たちは、研究者たちが最新の発見を確かめるためのさらなる研究が必要であると言います。

Levine is prepared to lead some of those studies. He has worked with NASA on several projects in the past and the space agency recently awarded him $3.8 million to be used over the coming years to study the effects of space travel on the heart.
レバインは、これらの研究のいくつかをリードする準備ができています。彼は過去にいくつかのプロジェクトでNASAと協力してきましたが、宇宙機関は最近、心臓への宇宙旅行の影響を研究するために今後数年間使用するために彼に380万ドルを授与しました。

I’m Bryan Lynn.
ブライアン・リンです。

Bryan Lynn wrote this story for Learning English, based on reports from UT Southwestern, the American Heart Association and Circulation. Hai Do was the editor.
ブライアンリンは、UTサウスウエスタン、アメリカ心臓・循環協会のレポートをもとに、Learning Englishのためにこの記事を書きました。 編集者はHaiDoです。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

面白いニュースでした。遠泳のメリットが心臓が縮むというデメリットのほうが上回るというのは、驚きですね。ニュースはそれほど難しいことは話していませんが、ところどころに中級程度の英語がでてきます。わからない単語が多かった人は、『VOA基本英単語1541』を使って知らない単語の補強をしましょう。宇宙飛行士と遠泳者の二つの例を使うことで、研究成果の信頼性を強調するニュースの構成になっています。こういう記事は、A対Bの比較、対比を意識しながら聞くと内容がわかりやすくなります。遠泳者の例は、逆の例なのか、主張を強めるための例なのかを、音声を聞きながら、英文を読みながら意識してみるとよいでしょう。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。