VOA リスニング

VOA Learning English 210420

Unusual Treatment Shows Promise for Kids With Brain Tumors

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Unusual Treatment Shows Promise for Kids With Brain Tumors

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 特殊な治療法が脳腫瘍の子どもたちに治療への希望をもたらすかもしれないという話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

From VOA Learning English, this is the Health & Lifestyle report.

For many years, a deadly type of childhood cancer has escaped science’s best treatments. But now doctors have made progress with an unusual treatment. They inject a virus into the brain to infect the tumors. This causes the body’s immune system to attack.

Many children treated this way lived more than twice as long as patients that did not have the treatment. Doctors reported this news Saturday at an American Association for Cancer Research conference and in the New England Journal of Medicine. The Associated Press reported on the findings.

Although in the end, most of the children died of their disease, a few are alive and are doing well over a year after treatment. This is something unheard of in this situation.

“This is the first step, a critical step,” said the leader of the study, Dr. Gregory Friedman. He is a childhood cancer specialist at the University of Alabama at Birmingham.

Friedman added that their goal “is to improve on this” latest finding. He said that first, they will use this new treatment as soon as the tumor is found. They also plan to combine this treatment with other treatments, he said, to increase the effectiveness of the body’s immune system.

The patients in the study were given the experimental treatment after other treatments failed to help their illnesses.

The study involved gliomas. They make up 8 percent to 10 percent of childhood brain tumors. These tumors are usually treated with operations, chemotherapy, or radiation.

However, they often come back. Once they return, survival averages just under six months. In such cases, the immune system has lost the ability to find and attack the cancer. So, scientists have been looking for ways to make the tumor a fresh target.

To do this, they turned to the herpes virus. It creates a strong immune system response. A company based in Philadelphia, Pennsylvania, called Treovir, developed the treatment. Researchers there genetically changed, or modified, the virus so it would infect only cancer cells.

Doctors gave the modified virus to 12 patients ages 7 to 18. In all of them their cancer had worsened after usual treatments. Half also received one treatment of radiation. Radiation is thought to help the herpes virus spread.

In 11 of the 12 patients, imaging tests or tissue samples showed that the treatment was working.

Average survival was just over a year. That is more than two times longer than in the past. As of last June, four of the patients were still alive at least 18 months after treatment.

Tests also showed high levels of specialized immune system cells in their tumors. This suggests that the treatment had created help needed from the body to attack the disease. No serious safety issues were seen.

Jake Kestler had the treatment when he was 12.

“It went very well. He lived for a year and four months after that,” said his father, Josh Kestler. This gave his son enough time to celebrate his bar mitzvah, go with his family to Hawaii, and see a brother be born.

Jake died April 11, 2019. But his father told the AP that they “have no regrets whatsoever” about trying the treatment. He and his wife have started a foundation, Trail Blazers for Kids, to continue this research.

“It’s a devastating disease for these patients and their families,” said Dr. Antoni Ribas. He is a cancer specialist at the University of California, Los Angeles, and president of the group holding the conference. He added that early results suggest the virus treatment is helping. However, the findings need to be confirmed in a larger study. Doctors are now planning such a study.

Friedman said studies are continuing in adults as well. He added that there are plans to try this treatment on other types of childhood brain tumors.

U.S. government grants and several foundations paid for the study, and several doctors have financial ties to the company Treovir.

Only one similar virus therapy is currently approved in the United States. It is called Imlygic and is also a modified herpes virus. It is used for treating melanoma, the most serious type of skin cancer.

And that’s the Health & Lifestyle report.

I’m Anna Matteo.

Marilynn Marchione reported this story for the Associated Press. Anna Matteo adapted it for VOA Learning English. Susan Shand was the editor.


Words in This Story

tumor – n. a mass of tissue found in or on the body that is made up of abnormal cells

immune system – n. the system that protects your body from diseases and infections​

patient – n. a person who receives medical care or treatment

critical – adj. extremely important

chemotherapy – n. medical : the use of chemicals to treat or control a disease (such as cancer)

radiation – n. medical : the use of controlled amounts of radiation for the treatment of diseases (such as cancer)

herpes – n. a disease caused by a virus that causes painful spots on the skin

foundation – n. an organization that is created and supported with money that people give in order to do something that helps society

devastating – adj. causing extreme emotional pain

therapy – n. the treatment of physical or mental illnesses

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

From VOA Learning English, this is the Health & Lifestyle report.
VOA Learning English から、健康とライフスタイルに関する報告です。

For many years, a deadly type of childhood cancer has escaped science’s best treatments. But now doctors have made progress with an unusual treatment. They inject a virus into the brain to infect the tumors. This causes the body’s immune system to attack.
何年もの間、命に係わるタイプの小児がんはこれまで科学の最良の治療法からの恩恵をうけることができませんでした。しかし今、医師たちは特殊な治療法で進化を成し遂げています。彼らは腫瘍に感染させるために脳にウイルスを注入します。これにより、体の免疫システムが攻撃されることになります。

Many children treated this way lived more than twice as long as patients that did not have the treatment. Doctors reported this news Saturday at an American Association for Cancer Research conference and in the New England Journal of Medicine. The Associated Press reported on the findings.
こうした治療を受けた多くの子供たちは、治療を受けなかった患者の2倍以上長く生きることができました。医師は土曜日にこのニュースを、米国癌学会の会議とニューイングランド医療ジャーナルの場において報告しました。 AP通信は調査結果について伝えています。

Although in the end, most of the children died of their disease, a few are alive and are doing well over a year after treatment. This is something unheard of in this situation.
最終的には、ほとんどの子供たちが病気で亡くなりましたが、治療後1年以上も生存し、元気に過ごしている子供たちもいます。これは、この病気の状態としては前例のないことです。

“This is the first step, a critical step,” said the leader of the study, Dr. Gregory Friedman. He is a childhood cancer specialist at the University of Alabama at Birmingham.
「これは最初のステップであり、重要なステップです」と、研究のリーダーであるグレゴリー・フリードマン博士は述べました。彼はアラバマ大学バーミンガム校の小児がん専門医です。

Friedman added that their goal “is to improve on this” latest finding. He said that first, they will use this new treatment as soon as the tumor is found. They also plan to combine this treatment with other treatments, he said, to increase the effectiveness of the body’s immune system.
フリードマン氏は、彼らの目標は「これを改善すること」であると付け加えました。彼は、まず第一に、腫瘍が発見されるとすぐにこの新しい治療法を使用するつもりだと述べました。彼らはまた、この治療法を他の治療法と組み合わせて、体の免疫システムの効果を高めることを計画していることを彼は述べました。

The patients in the study were given the experimental treatment after other treatments failed to help their illnesses.
別の治療法では彼らの回復の助けにはならなかったあとに、研究の対象となった患者は実験的な治療を受けました。

The study involved gliomas. They make up 8 percent to 10 percent of childhood brain tumors. These tumors are usually treated with operations, chemotherapy, or radiation.
この研究には神経膠腫(グリオーマ)が含まれていました。小児脳腫瘍の8%から10%はこの腫瘍が占めています。これらの腫瘍は通常、手術、化学療法、または放射線療法で治療されます。

However, they often come back. Once they return, survival averages just under six months. In such cases, the immune system has lost the ability to find and attack the cancer. So, scientists have been looking for ways to make the tumor a fresh target.
しかし、それらはしばしば再発します。再発後の平均生存期間は6か月弱です。そのような場合、体の免疫システムは癌を見つけて攻撃する能力を失っています。そのため、科学者たちは腫瘍を新たな標的とする方法を模索してきました。

To do this, they turned to the herpes virus. It creates a strong immune system response. A company based in Philadelphia, Pennsylvania, called Treovir, developed the treatment. Researchers there genetically changed, or modified, the virus so it would infect only cancer cells.
これを行うために、彼らはヘルペスウイルスに着目しました。それは強力な免疫システムの反応を生み出します。ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠を置くTreovirという会社がこの治療法を開発しました。そこでは、研究者たちは、ウイルスを遺伝的に変更または変異させ、癌細胞にのみ感染するようにしました。

Doctors gave the modified virus to 12 patients ages 7 to 18. In all of them their cancer had worsened after usual treatments. Half also received one treatment of radiation. Radiation is thought to help the herpes virus spread.
医師は7歳から18歳の12人の患者に変異ウイルスを与えました。通常の治療後に、全員の癌が悪化しました。そのうちの半数は、加えて一種類の放射線治療を受けました。放射線はヘルペスウイルスの拡散を助けると考えられています。

In 11 of the 12 patients, imaging tests or tissue samples showed that the treatment was working.
12人の患者のうち11人が、画像検査や組織のサンプルによって、治療に効果があったことが示されました。

Average survival was just over a year. That is more than two times longer than in the past. As of last June, four of the patients were still alive at least 18 months after treatment.
平均生存率は1年以上でした。これは、過去に比べると2倍以上の長さになります。昨年6月の時点で、4人の患者は治療後少なくとも18ヶ月は生存していました。

Tests also showed high levels of specialized immune system cells in their tumors. This suggests that the treatment had created help needed from the body to attack the disease. No serious safety issues were seen.
実験では、腫瘍内に高レベルの特殊な免疫系細胞も発見されました。これは、治療が病気を攻撃するために体から必要な助けを生み出したことを表しています。また、大きな安全上の問題は見られませんでした。

Jake Kestler had the treatment when he was 12.
Jake Kestlerは12歳のときに治療を受けました

“It went very well. He lived for a year and four months after that,” said his father, Josh Kestler. This gave his son enough time to celebrate his bar mitzvah, go with his family to Hawaii, and see a brother be born.
「経過は良好でした。彼はその後1年4か月生きました」と父親のJosh Kestlerは語りました。これは、彼の息子に、彼のバルミツワー(ユダヤ人の男の子が13歳になる時に行われる成人式)を祝ってあげることや、家族と一緒にハワイに行くこと、そして兄弟の誕生を見届けるのに十分な時間を与えてあげることができました。

Jake died April 11, 2019. But his father told the AP that they “have no regrets whatsoever” about trying the treatment. He and his wife have started a foundation, Trail Blazers for Kids, to continue this research.
Jake は2019年4月11日に亡くなりました。しかし、彼の父親はAP通信に、治療を試みたことについて「後悔はまったくない」と語りました。彼と彼の妻は、この研究を続けるために、子どものための財団、Trail BlazersforKids を設立しました。

“It’s a devastating disease for these patients and their families,” said Dr. Antoni Ribas. He is a cancer specialist at the University of California, Los Angeles, and president of the group holding the conference. He added that early results suggest the virus treatment is helping. However, the findings need to be confirmed in a larger study. Doctors are now planning such a study.
「脳腫瘍は、患者とその家族にとっては壊滅的な病気です」とアントニ・リバス博士は言いました。彼はカリフォルニア大学ロサンゼルス校の癌専門医であり、会議を主催する団体の長です。彼は、初期の結果はウイルス治療が助けになっていることを示していると付け加えました。ただし、調査結果はより大規模な研究で確認される必要があります。医師は現在、そのような研究を計画しています。

Friedman said studies are continuing in adults as well. He added that there are plans to try this treatment on other types of childhood brain tumors.
フリードマン氏によると、成人でも研究が続けられているとのことです。彼は、異なるタイプの小児脳腫瘍でこの治療を試みる計画があるとも付け加えました。

U.S. government grants and several foundations paid for the study, and several doctors have financial ties to the company Treovir.
米国政府の助成金といくつかの財団が研究のために援助を行いました。そして、数人の医者がTreovir 社と財政的な援助を受けています。

Only one similar virus therapy is currently approved in the United States. It is called Imlygic and is also a modified herpes virus. It is used for treating melanoma, the most serious type of skin cancer. 現在、米国で承認されている同様のウイルス療法は1つのみです。それは Imlygic と呼ばれ、変異されたヘルペスウイルスでもあります。最も深刻なタイプの皮膚がんであるメラノーマの治療に使用されます。

And that’s the Health & Lifestyle report.
健康とライフスタイルに関する報告でした。

I’m Anna Matteo.
私は Anna Matteo です。

Marilynn Marchione reported this story for the Associated Press. Anna Matteo adapted it for VOA Learning English. Susan Shand was the editor.
Marilynn Marchioneが、AP通信において報道を行いました。 Anna Matteoは、VOA Learning English用に改編しました。編集はSusan Shand です。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

日本でもほとんど報告されていない脳腫瘍の治療法に関するレポートでした。新たな発見があり、面白く、また希望にあふれた記事だったのではないでしょうか。病気に関する多くの単語が出てきます。初級・中級の英語学習者には少し難しい表現や単語が多かったかもしれません。ですが、ここに出てくる単語は、普段のニュースなどにはとてもよく出てくるものです。TOEIC L&R TESTなどには出てこない単語も多く出てきました。こうしたビジネス英語以外に、生活に密着した英語を身に着けていくこともとても大切です。ナラボー・プレスはこうした生活英語の習得にも力を入れています。弊社の『VOA基本英単語1541』や『TOEIC TEST 形式で学ぶ上級英単語・上級イディオム』は、TOEIC などには出てこないような生活英語がたくさん掲載されています。TOEICには出ないから、なんて言わず、幅広く学習することで、結果としてより使える英語を身に着けることができます。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。