VOA リスニング

VOA Learning English 210502

Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 氷の雲が火星の水の流れを可能にしたかもしれないということに関する調査についてです。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

A new study suggests icy clouds above early Mars could have provided the warmth to permit flowing water on the Red Planet.

American researchers used a computer model to predict that icy clouds in the Mars atmosphere may have created a greenhouse effect. Earth also experiences a greenhouse effect, which happens when gases in the atmosphere trap in heat from the sun.

Today, Mars enjoys a cold, desert climate. Any existing water is believed to be in the form of ice because of the planet’s extremely cold temperatures. There is, however, a rich amount of evidence suggesting that rivers, lakes and even oceans once existed on Mars.

In fact, scientists announced in February they had created a new map designed to identify the best sources of water ice on Mars.

Scientists have long sought to explain what made it possible for Mars to have the large rivers and lakes they believe existed in the planet’s ancient past.

Researchers involved in the latest study were interested in coming up with a possible explanation. They created a three-dimensional, or 3D, model of the Martian atmosphere.

The study was led by Edwin Kite, a professor and planetary scientist at the University of Chicago. He said the research resulted in a major discovery – that ice on the surface of Mars likely caused the greenhouse effect. The study was recently published in Proceedings of the National Academy of Sciences.

When water or ice on the surface of a planet evaporates – which happens when it turns from solid form into a vapor – it creates humidity. Humidity forms when a high level of water vapor exists in the atmosphere. The vapor helps clouds form.

The researchers say high clouds provide more of a warming effect than low clouds. High clouds would have been more likely to form if only small areas were covered with ice, such as the poles or on mountaintops. They believe this was the case on Mars.

Kite said past studies had considered similar theories, but the research was based on ideas linked to the behavior of our own planet. “In the model, these clouds behave in a very un-Earth-like way,” Kite said in a statement.

“Building models on Earth-based” understandings will just not work he said, adding, “this is not at all similar to Earth’s water cycle, which moves water quickly between the atmosphere and the surface.”

Kite said his team’s model suggests that once water moved into the early Martian atmosphere, it likely remained for a much longer time. “And that creates the conditions for long-lived high-altitude clouds.”

The team said it hopes the new theory can help scientists resolve a huge “disconnect” between existing evidence about water on Mars and the ability to back it up with physics and chemistry.

Kite added that NASA’s Mars explorer Perseverance should be able to test the theory in several ways. For example, small rock material could be collected and examined in an effort to recreate past atmospheric pressure on Mars.

The latest study and future research on how Mars gained and lost its warmth could also help scientists identify other habitable worlds, Kite said. “Mars is important because it’s the only planet we know of that had the ability to support life -- and then lost it.”

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the University of Chicago and Proceedings of the National Academy of Sciences. Caty Weaver was the editor.


Words in This Story

three-dimensional (3D) – adj. having or appearing to have length, depth and height

vapor – n. small drops of liquid in the air

habitable – adj. able to support life

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars
氷の雲が火星の水の流れを可能にした可能性に関する調査

A new study suggests icy clouds above early Mars could have provided the warmth to permit flowing water on the Red Planet.
新しい研究によると、初期の火星の上空にある氷の雲が、火星で水が流れる程度の暖かさを提供していた可能性があるとのことです。

American researchers used a computer model to predict that icy clouds in the Mars atmosphere may have created a greenhouse effect. Earth also experiences a greenhouse effect, which happens when gases in the atmosphere trap in heat from the sun.
アメリカの研究者たちは、コンピュータモデルを使って、火星の大気中の氷の雲が温室効果をもたらした可能性を予測しました。地球においても、大気中のガスが太陽の熱を閉じ込めることで温室効果が発生します。

Today, Mars enjoys a cold, desert climate. Any existing water is believed to be in the form of ice because of the planet’s extremely cold temperatures. There is, however, a rich amount of evidence suggesting that rivers, lakes and even oceans once existed on Mars.
現在の火星は寒冷な砂漠気候です。火星の気温が非常に低いため、火星の水は氷の形で存在していると考えられています。ですが、かつて火星には川や湖、さらには海が存在していたことを示す証拠が数多く存在しています。

In fact, scientists announced in February they had created a new map designed to identify the best sources of water ice on Mars.
事実、科学者たちは2月に、火星の水の氷が存在する最適な場所を特定するための新しい地図を作製したと発表しました。

Scientists have long sought to explain what made it possible for Mars to have the large rivers and lakes they believe existed in the planet’s ancient past.
長きにわたって、科学者たちは、火星に大規模な川や湖が存在した可能性を解明しようとしてきました。

Researchers involved in the latest study were interested in coming up with a possible explanation. They created a three-dimensional, or 3D, model of the Martian atmosphere.
今回の最新の研究では、その可能性に関心を持つ研究者たちが集結し、火星の大気の3次元(3D)モデルを作成しました。

The study was led by Edwin Kite, a professor and planetary scientist at the University of Chicago. He said the research resulted in a major discovery – that ice on the surface of Mars likely caused the greenhouse effect. The study was recently published in Proceedings of the National Academy of Sciences.
この研究を主導したのは、シカゴ大学の惑星科学者であるEdwin Kite教授です。彼は、この研究の結果、火星の表面にある氷が温室効果を引き起こしている可能性が高い、という大きな発見をしたと述べています。この研究結果は、米国科学アカデミー紀要に掲載されました。

When water or ice on the surface of a planet evaporates – which happens when it turns from solid form into a vapor – it creates humidity. Humidity forms when a high level of water vapor exists in the atmosphere. The vapor helps clouds form.
惑星の表面にある水や氷が蒸発する(固体から蒸気になる)と、湿度が発生します。湿度は、大気中に大量の水蒸気が存在するときに発生します。水蒸気は雲の形成を促します。

The researchers say high clouds provide more of a warming effect than low clouds. High clouds would have been more likely to form if only small areas were covered with ice, such as the poles or on mountaintops. They believe this was the case on Mars.
研究者たちは、上層にある雲の方が下層にある雲よりも温暖化の効果が高いと述べています。極地や山頂など、氷に覆われている部分が少ない場合は、上層にある高い雲が形成される可能性が高いのです。火星ではそのような状況だったと考えられています。

Kite said past studies had considered similar theories, but the research was based on ideas linked to the behavior of our own planet. “In the model, these clouds behave in a very un-Earth-like way,” Kite said in a statement.
Kite氏によると、過去の研究でも似たような理論が考察されていましたが、そうした研究では、私たちの住む惑星の自然現象の状態とリンクした考えに基づいていました。「コンピューターのモデルでは、これらの雲は非常に地球らしくない行動をしています」とKite氏は述べています。

“Building models on Earth-based” understandings will just not work he said, adding, “this is not at all similar to Earth’s water cycle, which moves water quickly between the atmosphere and the surface.”
彼は、「大気と地表の間で水を素早く移動させる地球の水循環とは似ても似つかない」と補足しつつ、「地球に基づいたモデルでは、こうした活動はうまくいかないだろう」と述べました。

Kite said his team’s model suggests that once water moved into the early Martian atmosphere, it likely remained for a much longer time. “And that creates the conditions for long-lived high-altitude clouds.”
Kite氏によると、彼の研究チームのモデルでは、初期の火星の大気中にいったん水が移動すると、それがとても長い間大気に留まっていた可能性が高いと言います。「そして、それが長期間にわたる高層の雲の条件を作り出す」と述べています。

The team said it hopes the new theory can help scientists resolve a huge “disconnect” between existing evidence about water on Mars and the ability to back it up with physics and chemistry.
研究チームは、この新しい理論が、火星の水に関する既存の証拠と、物理学や化学での裏付けの間にある大きな「断絶」を解決する助けになることを期待していると述べています。

Kite added that NASA’s Mars explorer Perseverance should be able to test the theory in several ways. For example, small rock material could be collected and examined in an effort to recreate past atmospheric pressure on Mars.
さらにKite氏は、NASAの火星探査機「Perseverance」が、いくつかの方法でこの理論を検証できるはずだと付け加えました。例えば、火星の過去の大気圧を再現するために、小さな岩石の材料を集めて調べることができます。

The latest study and future research on how Mars gained and lost its warmth could also help scientists identify other habitable worlds, Kite said. “Mars is important because it’s the only planet we know of that had the ability to support life -- and then lost it.”
火星がどのようにして暖かさを得たり失ったりしたかについての最新の研究と今後の研究は、科学者が他の居住可能な世界を特定するのにも役立つとKite氏は言います。「火星が重要なのは、私たちが知っている中で、生命を維持する能力があったのに、それを失った唯一の惑星だからです」。

I’m Bryan Lynn.
私はBryan Lynnです。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the University of Chicago and Proceedings of the National Academy of Sciences. Caty Weaver was the editor.
Bryan LynnがVOA Learning Englishのために、シカゴ大学と米国科学アカデミー紀要の報告をもとにこの記事を書きました。編集はケイティ・ウィーバーが担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

火星の大気と雲についての話題でした。それほど難しい単語もなく、科学英語に慣れていなかったとしても、なんとなくイメージは付きやすい英文だったのではないでしょうか。Learning English らしい英文構成でした。この英文の中でもわからない単語が多かった場合は、単語力の底上げをしましょう。『VOA基本英単語1541』を使ってしっかりと基礎単語を身に着けてください。読解もリスニングも、テクニック云々の前に、まずは単語力がないとどうにもなりません。こうした英文を音読する、知らない単語を書き出して、自分の単語集を作る、基礎単語集で単語練習を毎日行う、という地道な努力が結局は英語力向上の早道です。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。
VOAリスニング:LearningEnglish 210502 ― 氷の雲が火星の水の流れを可能にしたかもしれないという調査 | ナラボー・プレス

VOA リスニング

VOA Learning English 210502

Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 氷の雲が火星の水の流れを可能にしたかもしれないということに関する調査についてです。
音声を聞くか、文章を読み、最後にクイズで理解力をはかってみましょう。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

A new study suggests icy clouds above early Mars could have provided the warmth to permit flowing water on the Red Planet.

American researchers used a computer model to predict that icy clouds in the Mars atmosphere may have created a greenhouse effect. Earth also experiences a greenhouse effect, which happens when gases in the atmosphere trap in heat from the sun.

Today, Mars enjoys a cold, desert climate. Any existing water is believed to be in the form of ice because of the planet’s extremely cold temperatures. There is, however, a rich amount of evidence suggesting that rivers, lakes and even oceans once existed on Mars.

In fact, scientists announced in February they had created a new map designed to identify the best sources of water ice on Mars.

Scientists have long sought to explain what made it possible for Mars to have the large rivers and lakes they believe existed in the planet’s ancient past.

Researchers involved in the latest study were interested in coming up with a possible explanation. They created a three-dimensional, or 3D, model of the Martian atmosphere.

The study was led by Edwin Kite, a professor and planetary scientist at the University of Chicago. He said the research resulted in a major discovery – that ice on the surface of Mars likely caused the greenhouse effect. The study was recently published in Proceedings of the National Academy of Sciences.

When water or ice on the surface of a planet evaporates – which happens when it turns from solid form into a vapor – it creates humidity. Humidity forms when a high level of water vapor exists in the atmosphere. The vapor helps clouds form.

The researchers say high clouds provide more of a warming effect than low clouds. High clouds would have been more likely to form if only small areas were covered with ice, such as the poles or on mountaintops. They believe this was the case on Mars.

Kite said past studies had considered similar theories, but the research was based on ideas linked to the behavior of our own planet. “In the model, these clouds behave in a very un-Earth-like way,” Kite said in a statement.

“Building models on Earth-based” understandings will just not work he said, adding, “this is not at all similar to Earth’s water cycle, which moves water quickly between the atmosphere and the surface.”

Kite said his team’s model suggests that once water moved into the early Martian atmosphere, it likely remained for a much longer time. “And that creates the conditions for long-lived high-altitude clouds.”

The team said it hopes the new theory can help scientists resolve a huge “disconnect” between existing evidence about water on Mars and the ability to back it up with physics and chemistry.

Kite added that NASA’s Mars explorer Perseverance should be able to test the theory in several ways. For example, small rock material could be collected and examined in an effort to recreate past atmospheric pressure on Mars.

The latest study and future research on how Mars gained and lost its warmth could also help scientists identify other habitable worlds, Kite said. “Mars is important because it’s the only planet we know of that had the ability to support life -- and then lost it.”

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the University of Chicago and Proceedings of the National Academy of Sciences. Caty Weaver was the editor.


Words in This Story

three-dimensional (3D) – adj. having or appearing to have length, depth and height

vapor – n. small drops of liquid in the air

habitable – adj. able to support life

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Study: Icy Clouds May Have Permitted Flowing Water on Mars
氷の雲が火星の水の流れを可能にした可能性に関する調査

A new study suggests icy clouds above early Mars could have provided the warmth to permit flowing water on the Red Planet.
新しい研究によると、初期の火星の上空にある氷の雲が、火星で水が流れる程度の暖かさを提供していた可能性があるとのことです。

American researchers used a computer model to predict that icy clouds in the Mars atmosphere may have created a greenhouse effect. Earth also experiences a greenhouse effect, which happens when gases in the atmosphere trap in heat from the sun.
アメリカの研究者たちは、コンピュータモデルを使って、火星の大気中の氷の雲が温室効果をもたらした可能性を予測しました。地球においても、大気中のガスが太陽の熱を閉じ込めることで温室効果が発生します。

Today, Mars enjoys a cold, desert climate. Any existing water is believed to be in the form of ice because of the planet’s extremely cold temperatures. There is, however, a rich amount of evidence suggesting that rivers, lakes and even oceans once existed on Mars.
現在の火星は寒冷な砂漠気候です。火星の気温が非常に低いため、火星の水は氷の形で存在していると考えられています。ですが、かつて火星には川や湖、さらには海が存在していたことを示す証拠が数多く存在しています。

In fact, scientists announced in February they had created a new map designed to identify the best sources of water ice on Mars.
事実、科学者たちは2月に、火星の水の氷が存在する最適な場所を特定するための新しい地図を作製したと発表しました。

Scientists have long sought to explain what made it possible for Mars to have the large rivers and lakes they believe existed in the planet’s ancient past.
長きにわたって、科学者たちは、火星に大規模な川や湖が存在した可能性を解明しようとしてきました。

Researchers involved in the latest study were interested in coming up with a possible explanation. They created a three-dimensional, or 3D, model of the Martian atmosphere.
今回の最新の研究では、その可能性に関心を持つ研究者たちが集結し、火星の大気の3次元(3D)モデルを作成しました。

The study was led by Edwin Kite, a professor and planetary scientist at the University of Chicago. He said the research resulted in a major discovery – that ice on the surface of Mars likely caused the greenhouse effect. The study was recently published in Proceedings of the National Academy of Sciences.
この研究を主導したのは、シカゴ大学の惑星科学者であるEdwin Kite教授です。彼は、この研究の結果、火星の表面にある氷が温室効果を引き起こしている可能性が高い、という大きな発見をしたと述べています。この研究結果は、米国科学アカデミー紀要に掲載されました。

When water or ice on the surface of a planet evaporates – which happens when it turns from solid form into a vapor – it creates humidity. Humidity forms when a high level of water vapor exists in the atmosphere. The vapor helps clouds form.
惑星の表面にある水や氷が蒸発する(固体から蒸気になる)と、湿度が発生します。湿度は、大気中に大量の水蒸気が存在するときに発生します。水蒸気は雲の形成を促します。

The researchers say high clouds provide more of a warming effect than low clouds. High clouds would have been more likely to form if only small areas were covered with ice, such as the poles or on mountaintops. They believe this was the case on Mars.
研究者たちは、上層にある雲の方が下層にある雲よりも温暖化の効果が高いと述べています。極地や山頂など、氷に覆われている部分が少ない場合は、上層にある高い雲が形成される可能性が高いのです。火星ではそのような状況だったと考えられています。

Kite said past studies had considered similar theories, but the research was based on ideas linked to the behavior of our own planet. “In the model, these clouds behave in a very un-Earth-like way,” Kite said in a statement.
Kite氏によると、過去の研究でも似たような理論が考察されていましたが、そうした研究では、私たちの住む惑星の自然現象の状態とリンクした考えに基づいていました。「コンピューターのモデルでは、これらの雲は非常に地球らしくない行動をしています」とKite氏は述べています。

“Building models on Earth-based” understandings will just not work he said, adding, “this is not at all similar to Earth’s water cycle, which moves water quickly between the atmosphere and the surface.”
彼は、「大気と地表の間で水を素早く移動させる地球の水循環とは似ても似つかない」と補足しつつ、「地球に基づいたモデルでは、こうした活動はうまくいかないだろう」と述べました。

Kite said his team’s model suggests that once water moved into the early Martian atmosphere, it likely remained for a much longer time. “And that creates the conditions for long-lived high-altitude clouds.”
Kite氏によると、彼の研究チームのモデルでは、初期の火星の大気中にいったん水が移動すると、それがとても長い間大気に留まっていた可能性が高いと言います。「そして、それが長期間にわたる高層の雲の条件を作り出す」と述べています。

The team said it hopes the new theory can help scientists resolve a huge “disconnect” between existing evidence about water on Mars and the ability to back it up with physics and chemistry.
研究チームは、この新しい理論が、火星の水に関する既存の証拠と、物理学や化学での裏付けの間にある大きな「断絶」を解決する助けになることを期待していると述べています。

Kite added that NASA’s Mars explorer Perseverance should be able to test the theory in several ways. For example, small rock material could be collected and examined in an effort to recreate past atmospheric pressure on Mars.
さらにKite氏は、NASAの火星探査機「Perseverance」が、いくつかの方法でこの理論を検証できるはずだと付け加えました。例えば、火星の過去の大気圧を再現するために、小さな岩石の材料を集めて調べることができます。

The latest study and future research on how Mars gained and lost its warmth could also help scientists identify other habitable worlds, Kite said. “Mars is important because it’s the only planet we know of that had the ability to support life -- and then lost it.”
火星がどのようにして暖かさを得たり失ったりしたかについての最新の研究と今後の研究は、科学者が他の居住可能な世界を特定するのにも役立つとKite氏は言います。「火星が重要なのは、私たちが知っている中で、生命を維持する能力があったのに、それを失った唯一の惑星だからです」。

I’m Bryan Lynn.
私はBryan Lynnです。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the University of Chicago and Proceedings of the National Academy of Sciences. Caty Weaver was the editor.
Bryan LynnがVOA Learning Englishのために、シカゴ大学と米国科学アカデミー紀要の報告をもとにこの記事を書きました。編集はケイティ・ウィーバーが担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

火星の大気と雲についての話題でした。それほど難しい単語もなく、科学英語に慣れていなかったとしても、なんとなくイメージは付きやすい英文だったのではないでしょうか。Learning English らしい英文構成でした。この英文の中でもわからない単語が多かった場合は、単語力の底上げをしましょう。『VOA基本英単語1541』を使ってしっかりと基礎単語を身に着けてください。読解もリスニングも、テクニック云々の前に、まずは単語力がないとどうにもなりません。こうした英文を音読する、知らない単語を書き出して、自分の単語集を作る、基礎単語集で単語練習を毎日行う、という地道な努力が結局は英語力向上の早道です。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】