VOA リスニング

VOA Learning English 210516

Biden Proposes Making Preschool Free for Children

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Biden Proposes Making Preschool Free for Children

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 ボイジャー1号が星間空間(インターステラー)で探知したハミング音についての話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Scientists say NASA's most distant exploring spacecraft has recorded what they describe as 'humming' beyond our solar system.

A new study suggests the continuous hum, detected by the Voyager 1 spacecraft, is caused by waves existing in interstellar space. Voyager 1 left our solar system eight years ago, crossing the border that divides our solar system from interstellar space.

"Interstellar" means "between stars." Scientists say interstellar space begins where the sun's continual flow of material and its magnetic field stop.

Researchers say instruments on Voyager 1 identified the waves as vibrations in small amounts of gas found in the near-emptiness of interstellar space. The vibrations are also known as plasma waves. The spacecraft detected the waves over several years at different radio frequencies.

Results from Voyager 1's findings were recently published in a study appearing in Nature Astronomy.

Astronomers believe the space that Voyager 1 is passing through -- known as the interstellar medium -- is filled with different kinds of waves, both big and small. Such waves can provide information about the density of the interstellar medium.

The new research was led by Stella Ocker, a doctoral student at New York's Cornell University and a member of NASA's Voyager 1 team. She was able to make the discovery by examining data slowly sent back by Voyager 1 from about 23 billion kilometers away.

Ocker told Reuters the newly identified plasma waves would be far too weak to be heard with the human ear. "If we could hear (the hum), it would sound like a single steady note, playing constantly but changing very slightly over time."

When the plasma waves are changed to an audio signal, the tone of the sound changes, added James Cordes. He is an astronomy professor at Cornell University and the co-writer of the study. That sound is "a bit eerie," he said.

NASA said in a statement the new discovery may be the first continuous measurement of the density of material in interstellar space. Ocker added: "This detection offers us a new way to measure the density of interstellar space and opens up a new pathway for us to explore the structure of the very nearby interstellar medium."

In the past, Voyager 1 had detected more powerful wave movements in interstellar gas linked to flares from the sun. But the new study suggests that continuous vibrations unrelated to solar activity could be normal in interstellar space.

The researchers said the findings provide evidence that there is more low-level activity in interstellar gas than scientists had thought.

Ocker said her work can lead to a better understanding of how the interstellar medium interacts with solar wind, the continuous flow of charged particles released by the sun. It can also provide data about how the heliosphere -- a protective bubble for our solar system – is shaped and changed by interstellar conditions.

Voyager 1 was launched in 1977 along with another NASA spacecraft, Voyager 2. Both spacecraft were designed to explore Jupiter and Saturn. Voyager 1 entered interstellar space in 2012 and is still actively collecting and sending data.

In 2019, NASA reported that Voyager 2 had also discovered new details about interstellar space.

The two Voyagers were expected to last only five years. Both long outlasted their operational lifetimes, but are expected to run out of power and go silent within five years.

However, Cordes said new spacecraft are already being designed and developed with the goal of traveling even farther beyond our solar system. "That is the message I find appealing: our reach is expanding into interstellar space," he said.

I'm Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the Cornell Chronicle, NASA, Reuters and Nature Astronomy. Mario Ritter, Jr. was the editor.


Words in This Story

detect – v. to discover or notice something

vibration – n. a continuous, quick, shaking movement

frequency – n. the number of times a wave, especially of light, sound or radio wave, is produced within a particular period

steady – adj. happening in a smooth, continuous way

constant – adj. happening a lot or all the time

tone – n. a sound with a definite pitch and vibration

eerie – adj. strange in a mysterious way

flare – n. a sudden increase in brightness

bubble – n. an enclosed or isolate space

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Scientists say NASA's most distant exploring spacecraft has recorded what they describe as 'humming' beyond our solar system.
最も遠い場所を探査しているNASAの宇宙船ボイジャー1号が、太陽系外でハミングと表される音を記録したと科学者が発表しました。

A new study suggests the continuous hum, detected by the Voyager 1 spacecraft, is caused by waves existing in interstellar space. Voyager 1 left our solar system eight years ago, crossing the border that divides our solar system from interstellar space.
新しい研究によると、ボイジャー1号が探知した連続したハミング音は、星間空間に存在する波によって引き起こされているとのことです。ボイジャー1号は8年前に太陽系を離れ、太陽系と星間空間を隔てる境界線を越えました。

"Interstellar" means "between stars." Scientists say interstellar space begins where the sun's continual flow of material and its magnetic field stop.
「インターステラー」とは、「星と星の間」という意味です。科学者によると、星間空間は、太陽の絶え間ない物質の流れと磁場が止まるところから始まるとのことです。

Researchers say instruments on Voyager 1 identified the waves as vibrations in small amounts of gas found in the near-emptiness of interstellar space. The vibrations are also known as plasma waves. The spacecraft detected the waves over several years at different radio frequencies.
研究者によると、ボイジャー1号の装置は、この波を、星間空間のほぼ何もない場所に存在する少量のガスの振動であると特定しました。この振動は、プラズマ波とも呼ばれています。ボイジャー1号は、数年間にわたり、異なる周波数の電波でこの波を検出しました。

Results from Voyager 1's findings were recently published in a study appearing in Nature Astronomy.
ボイジャー1号の調査結果は、Nature Astronomyに最近掲載された研究で発表されました。

Astronomers believe the space that Voyager 1 is passing through -- known as the interstellar medium -- is filled with different kinds of waves, both big and small. Such waves can provide information about the density of the interstellar medium.
天文学者たちは、ボイジャー1号が通過する空間、これは星間物質として知られていますが、この空間には大小さまざまな種類の波が存在すると考えています。このような波は、星間物質の密度に関する情報を提供するのです。

The new research was led by Stella Ocker, a doctoral student at New York's Cornell University and a member of NASA's Voyager 1 team. She was able to make the discovery by examining data slowly sent back by Voyager 1 from about 23 billion kilometers away.
今回の新しい研究は、NASAのボイジャー1号チームのメンバーであり、ニューヨーク州コーネル大学の博士課程に在籍するStella Ocker氏が中心となって行ったものです。ボイジャー1号が約230億キロメートル離れた場所からゆっくりと送り返してきたデータを調べることにより、彼女は今回の発見に至りました。

Ocker told Reuters the newly identified plasma waves would be far too weak to be heard with the human ear. "If we could hear (the hum), it would sound like a single steady note, playing constantly but changing very slightly over time."
今回発見されたプラズマ波は、人間の耳で聞くにはあまりにも弱いものであるとOcker氏はロイター通信に語っています。Ocker氏はロイターに対し、「もし(ハミング音が)聞こえたとしたら、コンスタントに演奏されるものの、時間を経て少しずつ変化するような、1つのしっかりとした音のように聞こえるでしょう。

When the plasma waves are changed to an audio signal, the tone of the sound changes, added James Cordes. He is an astronomy professor at Cornell University and the co-writer of the study. That sound is "a bit eerie," he said.
プラズマ波を音声信号に変えると、音の調子が変わるとJames Cordes氏は付け加えました。彼はコーネル大学の天文学教授で、この研究の共同執筆者でもあります。その音は「ちょっと奇妙」だと言います。

NASA said in a statement the new discovery may be the first continuous measurement of the density of material in interstellar space. Ocker added: "This detection offers us a new way to measure the density of interstellar space and opens up a new pathway for us to explore the structure of the very nearby interstellar medium."
NASAは声明の中で、この新しい発見は、星間空間における物質の密度を継続的に測定した初めての例になるかもしれないと述べています。Ocker氏はさらに、「この発見は、星間空間の密度を測定する新しい方法を提供し、非常に近い星間物質の構造を探るための新しい道を切り開くものになります。」 と述べています。

In the past, Voyager 1 had detected more powerful wave movements in interstellar gas linked to flares from the sun. But the new study suggests that continuous vibrations unrelated to solar activity could be normal in interstellar space.
過去にはボイジャー1号は、太陽からのフレアに関連した、より強力な波動を星間ガスに検出していました。しかし、今回の研究では、太陽の活動とは関係のない連続的な振動が星間空間では普通に起こっている可能性が示唆されました。

The researchers said the findings provide evidence that there is more low-level activity in interstellar gas than scientists had thought.
研究者たちは、今回の発見が、星間ガスには科学者たちが考えていたよりも多くの低レベルの活動があるという証拠になると述べています。

Ocker said her work can lead to a better understanding of how the interstellar medium interacts with solar wind, the continuous flow of charged particles released by the sun. It can also provide data about how the heliosphere -- a protective bubble for our solar system – is shaped and changed by interstellar conditions.
Ocker氏は、彼女の研究が、星間物質と太陽風(太陽から放出される荷電粒子の連続的な流れ)との相互作用についての理解を深めることにつながると述べています。また、太陽系を保護する泡である太陽圏が、星間の状態によってどのように形成され、変化するかについてのデータも得られることになるとも述べています。

Voyager 1 was launched in 1977 along with another NASA spacecraft, Voyager 2. Both spacecraft were designed to explore Jupiter and Saturn. Voyager 1 entered interstellar space in 2012 and is still actively collecting and sending data.
ボイジャー1号は、1977年にNASAの別の探査機であるボイジャー2号とともに打ち上げられました。どちらの探査機も木星と土星の探査を目的として設計されていました。ボイジャー1号は2012年に恒星間空間に突入し、現在も積極的にデータを収集・送信しています。

In 2019, NASA reported that Voyager 2 had also discovered new details about interstellar space.
2019年にNASAは、ボイジャー2号も星間空間の新たな詳細を発見したと報告した。

The two Voyagers were expected to last only five years. Both long outlasted their operational lifetimes, but are expected to run out of power and go silent within five years.
2機のボイジャーは、わずか5年しか持たないと予想されていました。どちらも長い間の運用寿命を経て、5年以内に電力が尽きて沈黙することが予想されています。

However, Cordes said new spacecraft are already being designed and developed with the goal of traveling even farther beyond our solar system. "That is the message I find appealing: our reach is expanding into interstellar space," he said.
しかし、Cordes氏は、太陽系を超えてさらに遠くまで行くことを目標とした新しい宇宙船がすでに設計・開発されていると述べました。「我々の到達範囲が星間空間にまで広がっている、というメッセージに魅力を感じるのです。」と彼は言います。

I'm Bryan Lynn.
私はBryan Lynnです。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from the Cornell Chronicle, NASA, Reuters and Nature Astronomy. Mario Ritter, Jr. was the editor.
Bryan Lynnは、コーネル・クロニクル、NASA、ロイター、ネイチャー・アストロノミーの報道をもとに、VOA Learning English用にこの記事を書きました。Mario Ritter, Jr.が編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

映画のタイトルにもなった「Interstellar(インターステラー)」についての記事でした。宇宙の話題に詳しくない人にはとことん難しい英文だったのではないでしょうか。話題はとても興味深いものなので、日本語訳と合わせてでもいいので、じっくり英文を読み進めるなどの作業をしてみてください。分からない場合は、インターネットで調べて見る、日本語の解説やニュースを読む、なども理解を深める方法です。専門用語以外に分からない単語が多かった人は、基本単語の底上げをしましょう。弊社の『VOA基本英単語1541』などを活用してください。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。