VOA リスニング

VOA Learning English 210615

US Drug Agency Approves Disputed Alzheimer’s Treatment

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
US Drug Agency Approves Disputed Alzheimer’s Treatment

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 米国医薬品庁が論争になっていたアルツハイマー病治療薬を承認したという話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

From VOA Learning English, this is the Health & Lifestyle report.

U.S. government health officials have approved the first new drug for Alzheimer’s disease in nearly 20 years. However, independent experts say the treatment has not been shown to help slow the brain disease, reported the Associated Press.

Last week the Food and Drug Administration (FDA) approved the drug, called aducanumab. It was developed by the biotechnology company Biogen in Cambridge, Massachusetts. The drug will be sold under the name of Aduhelm.

Biogen’s stock value increased by 38 percent on the day of the FDA approval.

The approval is based on results showing that the drug seemed “reasonably likely” to help Alzheimer’s patients. It is the only treatment that U.S. regulators have said can treat the disease, rather than its resulting conditions, or symptoms.

However, Reuters news agency reported last week that two members of a group of advisors to the FDA have resigned in protest. Dr. David Knopman and Dr. Joel Perlmutter said they strongly disagreed with the FDA’s decision to approve Aduhelm for treatment of Alzheimer’s.

The decision to approve the drug could affect millions of Americans. It is likely to cause debate among doctors and researchers. The approval may also affect standards used to judge experimental treatments including those that seem to help patients only a little.

How to judge treatments of difficult conditions is the subject of debate. Groups representing Alzheimer’s patients and their families say any new treatment should be approved. But many experts warn that approving the drug could be a bad model and would open the door to poor treatments.

Dr. Caleb Alexander was one of the FDA advisers who warned against the drug’s approval. The Associated Press reports that he said he was “surprised and disappointed” by the decision.

Alexander is a medical researcher at Johns Hopkins University. He said “the FDA gets the respect that it does because it has regulatory standards that are based on firm evidence.” In this case, he said he thought the agency approved the drug without enough evidence.

The World Health Organization estimates that 50 million people around the world have dementia. Alzheimer’s disease might be the cause of 60 to 70 percent of those cases. Alzheimer’s slowly attacks areas of the brain needed for memory, reasoning, communication and basic, daily tasks.

Researchers do not fully understand what causes Alzheimer’s. But there is agreement among some researchers that brain plaque may be one cause.

Aducanumab helps clear a protein called beta-amyloid from the brain. Other experimental drugs have done that. But they did not help patients’ ability to think, care for themselves or live independently.

Dr. Patrizia Cavazzoni is the FDA’s top drug regulator. She said there are “uncertainties” about the drug. But Cavazzoni added that the drug’s ability to reduce harmful plaque in the brain is expected to slow dementia.

“The data supports patients and caregivers having the choice to use this drug,” Cavazzoni told reporters. Before joining the FDA, Cavazzoni worked in the drug industry for several years and held high positions in “clinical development, regulatory affairs, and safety risk management” for several large drug companies.

Under the terms of approval, the FDA requires an additional study to see if the drug is working. If the study fails to show effectiveness, the FDA could withdraw the drug from the market. However, the agency rarely does this. Biogen said it aims to complete the study required by the FDA by 2030.

Biogen stopped two studies in 2019 after disappointing results. The studies suggested that aducanumab would not meet its goal of slowing the loss of mental abilities in Alzheimer’s patients.

Several months later, the company announced that one of the earlier studies appeared to show that the drug was effective in higher amounts. However, the change raised questions among many experts, including those working for the FDA.

Biogen said about 900 U.S. medical centers are ready to begin using the drug and more are expected to do so in the coming months.

And that’s the Health & Lifestyle report.

I’m Anna Matteo.

Matthew Perrone reported this story for the Associate Press. Anna Matteo adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.


Words in This Story

regulator –n. an official who works for the government and who controls a public activity by enforcing rules

standard –n. a level of quality that is considered acceptable or desirable or that may be required by rules

disappointed –adj. feeling unhappy or displeased because something was not as good as expected

plaque –n. a change in brain tissue that happens in Alzheimer’s disease

data –n. information

clinical –adj. based on work done with real patients; relating to medical treatment that is given to patients in hospitals

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

US Drug Agency Approves Disputed Alzheimer’s Treatment
米国医薬品庁が論争中のアルツハイマー病治療薬を承認

From VOA Learning English, this is the Health & Lifestyle report.
VOA Learning Englishより、健康とライフスタイルのレポートです。

U.S. government health officials have approved the first new drug for Alzheimer’s disease in nearly 20 years. However, independent experts say the treatment has not been shown to help slow the brain disease, reported the Associated Press.
米国政府の保健当局は、約20年ぶりにアルツハイマー病の新薬を承認しました。しかし、独立した専門家によると、この治療法が脳の病気を遅らせる効果があるとは認めていられていないと述べている、とAP通信が報じました。

Last week the Food and Drug Administration (FDA) approved the drug, called aducanumab. It was developed by the biotechnology company Biogen in Cambridge, Massachusetts. The drug will be sold under the name of Aduhelm.
先週、米国食品医薬品局(FDA)が承認したのは、aducanumabと呼ばれる薬です。これは、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるバイオテクノロジー企業バイオジェン社が開発したものです。この薬は「Aduhelm」の名前で販売されます。

Biogen’s stock value increased by 38 percent on the day of the FDA approval.
バイオジェン社の株価は、FDAによる認可の日に38%上昇しました。

The approval is based on results showing that the drug seemed “reasonably likely” to help Alzheimer’s patients. It is the only treatment that U.S. regulators have said can treat the disease, rather than its resulting conditions, or symptoms.
今回の承認は、この薬がアルツハイマー病患者を助ける「合理的な可能性」があると思われるという結果に基づいています。この薬は、米国の規制当局が、アルツハイマー病のその結果として生じる状態や症状を治療するというよりは、病気そのものを治療できるとした治療法です。

However, Reuters news agency reported last week that two members of a group of advisors to the FDA have resigned in protest. Dr. David Knopman and Dr. Joel Perlmutter said they strongly disagreed with the FDA’s decision to approve Aduhelm for treatment of Alzheimer’s.
ですが、ロイター通信が先週報じたところによると、FDAの顧問グループのメンバーの2人が抗議のために辞任したといいます。David Knopman博士とJoel Perlmutter博士は、アルツハイマー病の治療薬としてAduhelmを承認するというFDAの決定に強く反対すると述べています。

The decision to approve the drug could affect millions of Americans. It is likely to cause debate among doctors and researchers. The approval may also affect standards used to judge experimental treatments including those that seem to help patients only a little.
この薬の承認の決定は、何百万人ものアメリカ人に影響を与える可能性があります。また、医師や研究者の間でも議論が起こる可能性があります。加えて、今回の承認は、患者さんに少ししか効果がないと思われるものも含めた実験的な治療法を判断する基準にも影響を与える可能性があります。

How to judge treatments of difficult conditions is the subject of debate. Groups representing Alzheimer’s patients and their families say any new treatment should be approved. But many experts warn that approving the drug could be a bad model and would open the door to poor treatments.
難しい症状の治療法をどのように判断するかは議論の対象となっています。アルツハイマー病の患者とその家族を代表する団体は、どのような新しい治療法でも承認されるべきだと言っています。しかし、多くの専門家は、その新薬の承認は悪例となり、質の悪い治療法への道を開くことになると警告しています。

Dr. Caleb Alexander was one of the FDA advisers who warned against the drug’s approval. The Associated Press reports that he said he was “surprised and disappointed” by the decision.
Caleb Alexander博士は、この薬の承認に警告を発したFDAアドバイザーの1人です。AP通信によると、博士は今回の決定に「驚きと失望」を感じているといいます。

Alexander is a medical researcher at Johns Hopkins University. He said “the FDA gets the respect that it does because it has regulatory standards that are based on firm evidence.” In this case, he said he thought the agency approved the drug without enough evidence.
Alexander氏は、ジョンズ・ホプキンス大学の医学研究者であります。同氏は、「FDAが尊敬されているのは、確固たる証拠に基づいた規制基準を持っているからです」と述べています。今回のケースでは、FDAは十分な証拠がないまま薬を承認したと思うと述べているのです。

The World Health Organization estimates that 50 million people around the world have dementia. Alzheimer’s disease might be the cause of 60 to 70 percent of those cases. Alzheimer’s slowly attacks areas of the brain needed for memory, reasoning, communication and basic, daily tasks.
世界保健機関(WHO)の推計によると、世界には5,000万人の認知症患者がいるといわれています。そのうちの60〜70%はアルツハイマー型認知症が原因ではないかと言われています。アルツハイマー病は、記憶、論理的思考、コミュニケーション、日常の基本的な作業に必要な脳の領域を徐々に侵していきます。

Researchers do not fully understand what causes Alzheimer’s. But there is agreement among some researchers that brain plaque may be one cause.
アルツハイマー病の原因はまだ完全には解明されていません。しかし、一部の研究者の間では、脳のプラークが原因の一つではないかと考えられています。

Aducanumab helps clear a protein called beta-amyloid from the brain. Other experimental drugs have done that. But they did not help patients’ ability to think, care for themselves or live independently.
Aducanumabは、脳内のβアミロイドというタンパク質を除去する効果があります。他の実験的な薬でもそのような効果はありました。しかし、患者が考え、自らを介護し、自立した生活を送る能力を補助することはできませんでした。

Dr. Patrizia Cavazzoni is the FDA’s top drug regulator. She said there are “uncertainties” about the drug. But Cavazzoni added that the drug’s ability to reduce harmful plaque in the brain is expected to slow dementia.
Patrizia Cavazzoni博士は、FDAの医薬品規制当局の責任者です。彼女は、この薬には「不確実性」があると述べています。しかし、Cavazzoni氏は、脳内の有害なプラークを減少させるこの薬の能力は、認知症を遅らせることが期待できると付け加えました。

“The data supports patients and caregivers having the choice to use this drug,” Cavazzoni told reporters. Before joining the FDA, Cavazzoni worked in the drug industry for several years and held high positions in “clinical development, regulatory affairs, and safety risk management” for several large drug companies.
Cavazzoni 氏は記者団に対し、「データは、患者と介護者がこの薬を使用するという選択にたいする手助けとなる」と述べました。Cavazzoni 氏は、FDAに入局する前の数年間、製薬業界で働いており、複数の大手製薬会社で「臨床開発、規制関連業務、安全性リスク管理」の上位職を務めていました。

Under the terms of approval, the FDA requires an additional study to see if the drug is working. If the study fails to show effectiveness, the FDA could withdraw the drug from the market. However, the agency rarely does this. Biogen said it aims to complete the study required by the FDA by 2030.
承認の条件として、FDAは薬が効いているかどうかを確認するための追加試験を要求しています。この試験で効果が確認できなければ、FDAはその薬を市場から取り消すことができます。しかし、FDAがこれを行うことはほとんどありません。バイオジェンは、FDAが求める調査を2030年までに完了することを目指しているといいます。

Biogen stopped two studies in 2019 after disappointing results. The studies suggested that aducanumab would not meet its goal of slowing the loss of mental abilities in Alzheimer’s patients.
バイオジェンは、期待にそぐわない結果を受け、2019年に2つの研究を中止しました。この試験では、aducanumab がアルツハイマー病患者の精神的能力の低下を遅らせるという目標を達成できないことが示されました。

Several months later, the company announced that one of the earlier studies appeared to show that the drug was effective in higher amounts. However, the change raised questions among many experts, including those working for the FDA.
その数か月後、同社は初期の研究の1つが、より多量の投与で効果があることを示しているようだと発表しました。しかし、この変更は、FDAを含む多くの専門家の間で疑問視されました。

Biogen said about 900 U.S. medical centers are ready to begin using the drug and more are expected to do so in the coming months.
バイオジェン社によると、米国内の約900の医療機関で使用開始の準備が整っており、今後数か月の間にさらに多くの医療機関で使用される予定であるといいます。

And that’s the Health & Lifestyle report.
以上、ヘルス&ライフスタイルのレポートでした。

I’m Anna Matteo.
Anna Matteoです。

Matthew Perrone reported this story for the Associate Press. Anna Matteo adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.
Matthew PerroneがAP通信においてこの記事を掲載しました。Anna MatteoがVOA Learning Englishのために改編しました。Mario Ritter, Jr.が編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

日本でもかなり大きく報道されたアルツハイマー病に対する承認薬についてのニュースでした。日本のニュースと比べ、アメリカならではの切り口が顕著な記事でした。こうした記事は実際のアメリカのニュースサイトなどを読んで理解するためのよいトレーニングとなります。分からない単語、文などは丁寧に解析し、しっかりと理解するようにしましょう。単語学習は、弊社の『VOA基本英単語1541』などを活用してください。また、弊社はリスニングトレーニング用の書籍として新刊本を2冊発売しました。『TOEIC® TEST形式で学ぶリスニング・トレーニング』と『基礎からはじめる英語リスニング』の2冊です。どちらも、リスニングの能力を上げるために、基礎からステップアップする形で学べる本になっています。ぜひご購入ください。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。