VOA リスニング

VOA Learning English 210621

Study: Mouse Sperm Stored in Space Produces Baby Mice on Eartht

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Study: Mouse Sperm Stored in Space Produces Baby Mice on Eartht

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 日本の大学の研究によって宇宙で冷凍乾燥保存された精子から地上での赤ちゃんマウスの誕生に成功したという話題です。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Japanese researchers have successfully produced healthy mice from frozen sperm that was stored on the International Space Station (ISS) for almost six years.

The sperm was freeze-dried and sent to the ISS in 2013. Freeze-drying is a process that removes water from frozen substances in an effort to make them last for a long time.

Once the sperm was brought back to Earth and unfrozen, it resulted in the birth of 168 healthy baby mice. The researchers said there was little difference between the mice produced by space sperm and those made with usual sperm.

Teruhiko Wakayama is a developmental biologist at Japan’s University of Yamanashi. He was the lead writer of a study reporting the results in Science Advances.

"All pups had normal appearance," Wakayama told the French news agency AFP about the experiment. When researchers examined genes of the mice no abnormalities were found," he said.

The team launched three containers, each carrying 48 samples of freeze-dried sperm, to the ISS in 2013. Freeze-drying permits substances to survive at room temperature for up to a year so no freezer was needed on the launch rocket. On board the ISS, the samples were kept inside a freezer at minus 95 degrees Celsius.

Samples were returned to Earth at different times. The first were flown back after nine months and the second after two years. When the last container returned to Earth in June 2019, it had spent 5 years and 10 months in space. The returned samples were injected into egg cells, which were put inside female mice.

The experiment aimed to find out whether taking in radiation for long periods in space would damage DNA in reproductive cells or pass on mutations to babies. This same issue could be a problem for humans in the future if space exploration greatly expands, with large populations possibly living on other planets.

Deep space is filled with high radiation produced by solar particles and cosmic rays from outside our solar system.

The researchers said the sperm cells experienced radiation levels 170 times greater than sperm kept in ground storage for comparative purposes. The researchers reported that the space radiation did not damage the sperm’s DNA or reduce its fertilization ability compared to the sperm kept on Earth.

"In the future, when the time comes to migrate to other planets, we will need to maintain the diversity of genetic resources," Wakayama wrote in a paper on the experiment. He added that such diversity -- both in humans and animals – can protect against increases in harmful mutations seen in inbreeding.

Wakayama said carrying freeze-dried reproductive cells from large numbers of individuals would be easier and less costly than transporting people or animals themselves to space. This method could permit space colonies to develop that include animals, he added.

The researchers say their results suggest that freeze-dried sperm could be effectively stored on the ISS for up to 200 years.

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from Reuters, Agence France-Press and Science Advances. Caty Weaver was the editor.


Words in This Story

sperm – n. a small cell produced by a male animal that joins an egg from a female animal to create a baby

pup – n. a young dog or other kind of baby animal

sample – n. a small amount of something that shows what the thing is like

mutate – v. to cause (a gene) to change and create an unusual characteristic in a plant or animal : to cause mutation in (a gene)

cosmic rays – n. high-energy particles that move through space at nearly the speed of light

maintain – v. to make something continue in the same way

diversity – n. a situation in which many different kinds of things or people are included in something

inbreeding – n. a situation in which plants, animals or people are produced by breeding between closely related plants, animals or humans

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Study: Mouse Sperm Stored in Space Produces Baby Mice on Earth
調査研究:宇宙で保存されたマウスの精子によって赤ちゃんマウスが地上で生まれる

Japanese researchers have successfully produced healthy mice from frozen sperm that was stored on the International Space Station (ISS) for almost six years.
日本の研究者は、国際宇宙ステーション(ISS)で約6年間保存された凍結精子から、健康なマウスを生み出すことに成功しました。

The sperm was freeze-dried and sent to the ISS in 2013. Freeze-drying is a process that removes water from frozen substances in an effort to make them last for a long time.
この精子は、2013年に凍結乾燥されてISSに送られました。フリーズドライとは、凍結した物質から水分を取り除き、長期間保存することを目的とした手順です。

Once the sperm was brought back to Earth and unfrozen, it resulted in the birth of 168 healthy baby mice. The researchers said there was little difference between the mice produced by space sperm and those made with usual sperm.
精子を地球に持ち帰り、解凍したところ、168匹の健康な赤ちゃんマウスが誕生したのです。研究者によると、宇宙精子で作ったマウスは、通常の精子で作ったマウスとほとんど差がなかったといいます。

Teruhiko Wakayama is a developmental biologist at Japan’s University of Yamanashi. He was the lead writer of a study reporting the results in Science Advances.
若山照彦は、山梨大学の発生生物学者です。彼は今回の結果を『Science Advances』誌に発表した研究の筆頭著者です。

"All pups had normal appearance," Wakayama told the French news agency AFP about the experiment. When researchers examined genes of the mice no abnormalities were found," he said.
若山氏は、この実験について、フランスのAFP通信に「すべての子マウスの外見は成城でした」と語り,「マウスの遺伝子を調べても異常は見られませんでした」と述べました。

The team launched three containers, each carrying 48 samples of freeze-dried sperm, to the ISS in 2013. Freeze-drying permits substances to survive at room temperature for up to a year so no freezer was needed on the launch rocket. On board the ISS, the samples were kept inside a freezer at minus 95 degrees Celsius.
研究チームは、2013年に、コンテナに搭載された48の凍結乾燥させた精子のサンプルを3個分、ISSへ打ち上げました。凍結乾燥は、常温で1年程度の保存が可能なため、搭載ロケットには、冷凍庫をつける必要はありませんでした。ISSにおいては、マイナス95度の冷凍庫で保管されました。

Samples were returned to Earth at different times. The first were flown back after nine months and the second after two years. When the last container returned to Earth in June 2019, it had spent 5 years and 10 months in space. The returned samples were injected into egg cells, which were put inside female mice.
サンプルが地球に戻ってくる時期は異なっています。最初のサンプルは9か月後、2番目のサンプルは22年後に地球に戻ってきました。2019年6月に最後のコンテナが地球に戻ってきたときには、5年と10か月の間、宇宙で過ごしていたことになります。戻ってきたサンプルは、卵細胞に注入され、雌のマウスの中に入れられました。

The experiment aimed to find out whether taking in radiation for long periods in space would damage DNA in reproductive cells or pass on mutations to babies. This same issue could be a problem for humans in the future if space exploration greatly expands, with large populations possibly living on other planets.
この実験は、宇宙空間において長期間放射線を浴び続けることで、生殖細胞のDNAが損傷したり、赤ちゃんに突然変異が伝わるかどうかを調査するために行われいます。将来、宇宙開発が大きく進展し、他の惑星に多くの人々が住むようになれば、この問題は人類にとっても大きな問題になる可能性があります。

Deep space is filled with high radiation produced by solar particles and cosmic rays from outside our solar system.
深宇宙(地球の大気圏外の宇宙空間)には、太陽系の外側からの太陽粒子や宇宙線による高い放射線が充満しています。

The researchers said the sperm cells experienced radiation levels 170 times greater than sperm kept in ground storage for comparative purposes. The researchers reported that the space radiation did not damage the sperm’s DNA or reduce its fertilization ability compared to the sperm kept on Earth.
研究者らによると、精子細胞は、比較のために地上で保管されていた精子にくらべ、170倍もの放射線量を浴びていたことになるといいます。研究者らは、地上で保管されていた精子と比較して、宇宙放射線が精子のDNAに損傷を与えたり、受精能力を低下させたりすることはなかったと報告しています。

"In the future, when the time comes to migrate to other planets, we will need to maintain the diversity of genetic resources," Wakayama wrote in a paper on the experiment. He added that such diversity -- both in humans and animals – can protect against increases in harmful mutations seen in inbreeding.
「将来、他の惑星に移住する際には、遺伝資源の多様性を維持する必要があります」と、若山氏は実験に関する論文においてまとめています。彼は、そのような多様性があれば、人でも動物でも、近親交配による有害な突然変異の増加を防ぐことができるとも述べています。

Wakayama said carrying freeze-dried reproductive cells from large numbers of individuals would be easier and less costly than transporting people or animals themselves to space. This method could permit space colonies to develop that include animals, he added.
若山氏は、大量の個体から採取した生殖細胞を凍結乾燥させて運ぶことは、人間や動物そのものを宇宙に運ぶよりも簡単で、コストもかからないと述べています。彼は、この方法により、動物を含めたスペースコロニーの開発が可能になるかもしれない、と言います。

The researchers say their results suggest that freeze-dried sperm could be effectively stored on the ISS for up to 200 years.
研究者たちは、今回の結果は、凍結乾燥させた精子をISSで最大200年間有効性を保持した状態で保存できることを示していると述べています。

I’m Bryan Lynn.
私はBryan Lynnです。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from Reuters, Agence France-Press and Science Advances. Caty Weaver was the editor.
Bryan Lynnは、ロイター、Agence France-Press、Science Advancesの報道をもとに、VOA Learning Englishのために記事を書きました。Caty Weaverが編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

日本の山梨大学の若山教授の研究に対する記事でした。日本ではそこまで大きくは扱われなかったニュースかなと思いましたが、こうしてVOA Learning Englishには月曜日の最も扱いの大きな記事として取り上げられていました。こうした英語のニュースによって、日本のことを知るというのは不思議な感覚ですね。英語はそれほど難しくはなく、専門用語もそれほど多くありませんでした。音声もそこまで聴き取りにくいものではなかったと思われます。もし、聴き取りが難しい、何を話されているか、さっぱりわからない、という場合は、弊社から新しく出ましたリスニングトレーニングの本を使って、リスニングの基礎から学ぶこともおすすめです。ステップアップして無理なく英語を聞き取れるような構成になっています。また、基本的な単語が多かった中で、わからない単語の割合が多かった人は、『VOA基本英単語1541』を使って知らない単語の補強をしましょう。VOA Learning Englishを読み聞きしやすいようにVOAが選んだ基礎単語が掲載されています。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。