VOA リスニング

VOA Learning English 210805

Are Robotic Police Dogs Useful Tools or Threatening Machines?

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Are Robotic Police Dogs Useful Tools or Threatening Machines?

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 アメリカ警察が導入したロボットの警察犬が便利な道具となるか、または脅威となるか、という記事についてです。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

A robotic police dog is being used to look for high body temperatures in homeless people at a temporary shelter in Hawaii’s capital, Honolulu.

The effort is one way public safety agencies are starting to use the commercial robot Spot. Spot can move like an animal and can walk over almost anything a person can.

A small group of police officials are experimenting with the four-legged machines. They say they are just another tool to keep emergency responders safe. But people concerned about privacy warn that police are quickly buying the robots without safeguards against misuse.

In Honolulu, the police department spent about $150,000 in federal pandemic aid money to buy their Spot. It was purchased from Boston Dynamics for use at a government homeless shelter near the airport.

Jongwook Kim is the legal director at the American Civil Liberties Union of Hawaii. He said, “Because these people are houseless it’s considered OK to do that.” Kim added: “At some point it will come out again for some different use after the pandemic is over.”

Supervisor Joseph O’Neal of the Honolulu Police Department’s community outreach division defended the robot’s use earlier this year.

He said it has protected officers, shelter workers, and the homeless. The robot can do this by examining body temperatures between mealtimes. As a result, the homeless people could get tested for COVID-19 and quarantined if needed. The robot is also used to communicate with people who have the virus.

O’Neal said, “We have not had a single person out there that said, ‘That’s scary…’” He said they do not test people without a reason.

Police use of robots is still rare and untested. It also has not always gone over well with the public. Honolulu officials faced criticism when a local news organization, Honolulu Civil Beat, found that Spot was paid for with federal COVID-19 aid money.

The New York Police Department started using Spot after painting it blue and renaming it “Digidog.” However, Spot received attention and criticism that led the police department to return Digidog to its maker.

Boston Dynamics has said it is learning from the New York event on how to explain to the public what Spot can and cannot do. This has become increasingly important as Boston Dynamics becomes part of South Korean carmaker Hyundai Motor Company. In June, Hyundai reached an $880 million deal to take a controlling share in the robotics company.

Michael Perry is the vice president of Boston Dynamics. He said the company’s usage guidelines bar the robot’s use as a weapon. It is also not supposed to be used for anything that would violate privacy or civil rights laws.

Boston Dynamics depended on military research money for many years. But, it wants its robots to seem friendlier to local governments and businesses.

Another robot manufacturer, Philadelphia-based Ghost Robotics, approves of using its robots as weapons. It supplies its dog-like robots to several U.S. military services and their allies.

“It’s just plug and play, anything you want,” said Ghost Robotics CEO Jiren Parikh. He was critical of Boston Dynamics “selective morality” because of the company’s past involvement with the military.

There are about 500 Spot robots in use. Perry said they are used by companies to inspect areas with dangerous levels of electricity. Spot is also used in building sites, mines and factories.

Spot is still mostly controlled by humans. All the operators have to do is tell Spot which direction to go in and it can deal with a difficult path, like steps. It can also operate on its own, but only if it has memorized a path and there are not any surprises.

Kim said that there might be some good uses for such machines. But opening the door for police robots to work with the public is probably not a good idea. He pointed to how Dallas police in 2016 put explosives on a wheeled robot and used it to kill a gunman. The incident started an ongoing debate about “killer robots” in policing and in war.

Kim said there is a possibility that these robots will “…increase the militarization of police departments and use it in ways that are unacceptable.” He said, “Maybe it’s not something we even want to let law enforcement have.”

I’m Gregory Stachel.

Matt O’Brien and Jennifer Sinco Kelleher reported this story for The Associated Press. Gregory Stachel adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.


Words in This Story

commercial –adj. concerned with earning money; related to the buying and selling of goods

responder – n. a person, such as a police officer, who is among those responsible for going to the scene of an accident or emergency to help

quarantine –v. to keep a person away from others to prevent the spread of disease

scary – adj. causing fear

plug – v. to put (information, such as a word or number) in something

selective – adj. the chose one thing over the other; careful to choose only the best people or things

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Are Robotic Police Dogs Useful Tools or Threatening Machines?
ロボット警察犬は便利な道具か、それとも脅威の機械か?

A robotic police dog is being used to look for high body temperatures in homeless people at a temporary shelter in Hawaii’s capital, Honolulu.
ハワイの首都ホノルルにある一時保護施設で、ホームレスの人々の体温が高いかどうかを調べるために、ロボット警察犬が使用されています。

The effort is one way public safety agencies are starting to use the commercial robot Spot. Spot can move like an animal and can walk over almost anything a person can.
この取り組みは、公共安全機関が商業用ロボットの「Spot」を使い始めている一つの方法です。Spotは動物のように動くことができ、人が歩ける範囲であればほとんどのものを歩くことができます。

A small group of police officials are experimenting with the four-legged machines. They say they are just another tool to keep emergency responders safe. But people concerned about privacy warn that police are quickly buying the robots without safeguards against misuse.
少人数の警察関係者が、この4本足の機械を使って実験を行っています。彼らは、これは緊急対応者の安全を守るためのツールの一つに過ぎないと言います。しかし、プライバシーを気にする人々は、警察が悪用に対する安全策を講じずにすぐにロボットを購入していることに警告を発しています。

In Honolulu, the police department spent about $150,000 in federal pandemic aid money to buy their Spot. It was purchased from Boston Dynamics for use at a government homeless shelter near the airport.
ホノルル市の警察署では、連邦政府のパンデミック支援金約15万ドルを使ってSpotを購入しました。このロボットは、空港近くにある政府のホームレス・シェルターで使用するためにボストン・ダイナミクス社から購入したものです。

Jongwook Kim is the legal director at the American Civil Liberties Union of Hawaii. He said, “Because these people are houseless it’s considered OK to do that.” Kim added: “At some point it will come out again for some different use after the pandemic is over.”
Jongwook Kimは、ハワイのアメリカ自由人権協会の法務担当者です。彼は、「これらの人々が家を失っているからこそ、そのようなことをしても問題ないと考えられているのです。」 と述べています。Kimはさらに、「パンデミックが終わった後、ある時点でまた何か別の用途で出てくるでしょう」と述べています。

Supervisor Joseph O’Neal of the Honolulu Police Department’s community outreach division defended the robot’s use earlier this year.
ホノルル警察の地域との働き崖をする部門の監督者であるJoseph O’Nealは、今年初めにロボットの使用に対し擁護をしました。

He said it has protected officers, shelter workers, and the homeless. The robot can do this by examining body temperatures between mealtimes. As a result, the homeless people could get tested for COVID-19 and quarantined if needed. The robot is also used to communicate with people who have the virus.
彼は、このロボットは警官、シェルター職員、ホームレスを保護してきたと言います。ロボットは、食事の間の体温を調べることでそれを可能にしています。その結果、ホームレスの人々はCOVID-19の検査を受け、必要に応じて隔離することができました。また、このロボットは、ウイルスを持っている人とのコミュニケーションにも使われています。

O’Neal said, “We have not had a single person out there that said, ‘That’s scary…’” He said they do not test people without a reason.
O’Nealは、「『怖い…』と言った人は一人も出ていません。理由もなく人を検査することはないという。

Police use of robots is still rare and untested. It also has not always gone over well with the public. Honolulu officials faced criticism when a local news organization, Honolulu Civil Beat, found that Spot was paid for with federal COVID-19 aid money.
警察がロボットを使うことはまだ珍しく、テストもされていません。また、一般市民の間でも十分な検証がされていません。ホノルル市は、地元の報道機関であるHonolulu Civil Beatによって、Spotが連邦政府のCOVID-19援助金で購入されていたことが明らかにされ、批判にさらされました。

The New York Police Department started using Spot after painting it blue and renaming it “Digidog.” However, Spot received attention and criticism that led the police department to return Digidog to its maker.
ニューヨーク市警では、Spotをブルーに塗装して「Digidog」と改名して使い始めました。しかし、Spotが注目され、批判を受けたため、同警察はDigidogをメーカーに返却しました。

Boston Dynamics has said it is learning from the New York event on how to explain to the public what Spot can and cannot do. This has become increasingly important as Boston Dynamics becomes part of South Korean carmaker Hyundai Motor Company. In June, Hyundai reached an $880 million deal to take a controlling share in the robotics company.
ボストン・ダイナミクス社は、今回のニューヨークでの出来事を教訓に、Spotにできること、できないことをどのように一般市民に説明するかを考えているといいます。このことは、ボストン・ダイナミクス社が韓国の自動車メーカーである現代自動車の傘下に入ったことで、ますます重要になっています。現代自動車は、6月に8億8,000万ドルを投じて、ボストン・ダイナミクス社の経営権を取得しました。

Michael Perry is the vice president of Boston Dynamics. He said the company’s usage guidelines bar the robot’s use as a weapon. It is also not supposed to be used for anything that would violate privacy or civil rights laws.
Michael Perryは、ボストン・ダイナミクス社の副社長です。ボストン・ダイナミクス社の副社長であるMichael Perryによると、同社の使用ガイドラインでは、ロボットを武器として使用することは禁止されているといいます。また、プライバシーや公民権を侵害するような用途にも使用してはならないとされています。

Boston Dynamics depended on military research money for many years. But, it wants its robots to seem friendlier to local governments and businesses.
ボストン・ダイナミクス社は、長年にわたって軍の研究費に依存してきました。しかし、ボストン・ダイナミクス社は、同社のロボットが地方自治体や企業にとってより親しみやすいものになることを望んでいます。

Another robot manufacturer, Philadelphia-based Ghost Robotics, approves of using its robots as weapons. It supplies its dog-like robots to several U.S. military services and their allies.
また、フィラデルフィアに本拠を置くロボットメーカーのゴースト・ロボティクス社は、自社のロボットを武器として使用することを認めています。同社の犬型ロボットは、いくつかの米軍やその同盟国に供給されています。

“It’s just plug and play, anything you want,” said Ghost Robotics CEO Jiren Parikh. He was critical of Boston Dynamics “selective morality” because of the company’s past involvement with the military.
ゴースト・ロボティクス社のCEOであるJiren Parikhは、「プラグ・アンド・プレイ(プラグを差すだけですぐに使えるということ)で何でもできます」と語る。彼は、ボストン・ダイナミクス社が過去に軍と関わっていたことを理由に、同社の「選択的モラル」を批判しました。

There are about 500 Spot robots in use. Perry said they are used by companies to inspect areas with dangerous levels of electricity. Spot is also used in building sites, mines and factories.
ロボットのSpotは約500台使用されています。Perry によると、企業が危険大の電力が通っている場所を検査するために使われているといいます。Spotは、建築現場や鉱山、工場などでも使用されています。

Spot is still mostly controlled by humans. All the operators have to do is tell Spot which direction to go in and it can deal with a difficult path, like steps. It can also operate on its own, but only if it has memorized a path and there are not any surprises.
Spotはまだほとんどが人間によってコントロールされています。オペレーターがSpotに進行方向を指示するだけで、段差などの難しい道にも対応してくれます。また、自分で操作することもできますが、それは道筋を記憶していて、不意な妨害などがない場合に限られます。

Kim said that there might be some good uses for such machines. But opening the door for police robots to work with the public is probably not a good idea. He pointed to how Dallas police in 2016 put explosives on a wheeled robot and used it to kill a gunman. The incident started an ongoing debate about “killer robots” in policing and in war.
Kimは、このような機械には良い使い方があるかもしれないと言います。しかし、警察のロボットが一般的に活動する道を開くことは、おそらく良い考えではないでしょう。彼は、2016年にダラス警察が車輪付きロボットに爆発物を搭載し、それを使って銃保持者を殺害したことを指摘しました。この事件は、警察活動や戦争における「殺人ロボット」についての継続的な議論のきっかけとなりました。

Kim said there is a possibility that these robots will “…increase the militarization of police departments and use it in ways that are unacceptable.” He said, “Maybe it’s not something we even want to let law enforcement have.”
Kim は、これらのロボットが「警察署の軍事化を進め、受け入れられない方法で使用する 」可能性があると述べました。彼は「法執行機関にすすんで持たせたいものでもないだろう」とも言いました。

I’m Gregory Stachel.
Gregory Stachelです。

Matt O’Brien and Jennifer Sinco Kelleher reported this story for The Associated Press. Gregory Stachel adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.
この記事はMatt O’BrienとJennifer Sinco KelleherがAP通信社のために取材しました。Gregory StachelがVOA Learning Englishのために脚色しました。Mario Ritter, Jr.が編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

ニュースなどでよく見るコミカルな?犬のロボットの話題でした。見た目とは裏腹に様々な問題点が潜在していることが記事からも分かります。英語はそれほど難しくなく、またロボットが進化することによる脅威という話題も身近なために、英文の内容も推測しながら読むことができます。それほど難しい単語もありませんが、わからない単語が多かった場合は弊社の『VOA基本単語1541』で語彙力を増強してください。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。