VOA リスニング

VOA Learning English 210822

Gene Editing Used to Block Mosquitos’ Ability to Identify Targets

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Gene Editing Used to Block Mosquitos’ Ability to Identify Targets

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 遺伝子編集によって人間を死にいたらしめる病気を媒介する蚊の標的識別能力をブロックする、という記事についてです。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Scientists say they have used gene editing to block the ability of mosquitos to identify human targets.

The method is described in a new study led by American researchers. The scientists say the study could lead to major developments in the fight against mosquito-borne diseases such dengue, yellow fever and Zika.

Such diseases -- carried by the Aedes aegypti mosquito -- kill hundreds of thousands of people each year.

The researchers say their study is the first to closely examine the way mosquitoes use their sight to identify targets to bite. The study was recently published in Current Biology.

The research centered on the Aedes aegypti mosquito, which bites during the daytime. Other kinds of mosquitos, including Anopheles, hunt mostly at night. Anopheles are responsible for spreading malaria.

Female Aedes aegypti search out blood meals in humans to develop eggs. They use several different senses to find those meals. One of the main identifying tools is the smell of carbon dioxide (CO2). When a human breathes out CO2, the mosquitoes become more active and begin looking for targets to bite.

The research team said this search generally begins with the mosquito flying toward the direction of the released CO2. When seeking out targets, the insects search for dark objects. Once the mosquitoes are within close range, they can also sense heat from skin and additional skin smells to help guide them to a human.

The researchers used the CRSPR/Cas-9 gene editing method to remove two out of five light-sensing receptors in the mosquitoes’ eyes. They say taking away these receptors blocked the ability of the female Aedes aegypti to recognize dark targets.

Craig Montell is a professor at the University of California, Santa Barbara, who helped lead the research. He said in a statement that by removing the two eye receptors, the team was able to “eliminate CO2-induced target recognition without causing blindness.”

Experiments were carried out with the mosquitoes in cages and in wind tunnels. The team observed the insects’ movements toward light or dark markers to confirm that the gene editing method had changed their behavior.

In cage tests, the mosquitoes that did not undergo gene editing sought out a round, black marker after sensing CO2. But the mosquitoes with the two receptors removed did not attempt to move to the black marker even with the presence of CO2.

The team then carried out a series of tests to confirm that the gene-edited mosquitoes had not simply gone blind. The experiments involved observing the insects’ reactions to light, as well as taking voltage measurements from electrodes connected to their eyes.

The results of those tests showed that the gene-edited mosquitoes could not only still see, but they could also identify different shades and motion.

Another leader of the study was Yinpeng Zhan, a postdoctoral researcher at the University of California, Santa Barbara. He said the research findings could have a wide effect on a series of insect disease carriers that can harm humans.

“Vision plays an important role in detecting a potential host for blood-feeding insects such as mosquitoes, kissing bugs, tsetse flies and ticks,” Zhan said. “And this study is the first to uncover the molecular mechanisms behind this behavior.”

Next, the team says it will seek to identify other receptors used by Aedes mosquitoes to search out and feed on human targets.

I’m Bryan Lynn.

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from UC Santa Barbara and Current Biology. Susan Shand was the editor.


Words in This Story

eliminate – v. to remove or take away

induce – v. to cause a particular condition

cage – n. a container used to keep birds or animals

tunnel – n. a round, enclosed passageway

shade – n. a color, especially as related to how dark or light it is

vision – n. the act of power of seeing

detect – n. to discover or notice something

mechanism – n. a part of a piece of equipment that does a particular job

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Gene Editing Used to Block Mosquitos’ Ability to Identify Targets
遺伝子編集によって蚊の標的識別能力をブロック

Scientists say they have used gene editing to block the ability of mosquitos to identify human targets.
科学者たちは、遺伝子編集を利用して、蚊が人間の標的を特定する能力を阻害することに成功したと発表しました。

The method is described in a new study led by American researchers. The scientists say the study could lead to major developments in the fight against mosquito-borne diseases such dengue, yellow fever and Zika.
この方法は、米国の研究者が主導した新しい研究で紹介されています。この研究は、デング熱、黄熱病、ジカ熱などの蚊が媒介する病気との闘いに大きな進展をもたらす可能性があるといいます。

Such diseases -- carried by the Aedes aegypti mosquito -- kill hundreds of thousands of people each year.
デング熱、黄熱病、ジカ熱などの Aedes aegypti mosquito(ネッタイシマカ)が媒介する病気は、毎年何十万人もの人々を死に至らしめています。

The researchers say their study is the first to closely examine the way mosquitoes use their sight to identify targets to bite. The study was recently published in Current Biology.
今回の研究は、蚊が視覚を使って刺す対象を特定している方法を詳しく調べた初めての研究とのことです。この研究は、Current Biology誌に掲載されました。

The research centered on the Aedes aegypti mosquito, which bites during the daytime. Other kinds of mosquitos, including Anopheles, hunt mostly at night. Anopheles are responsible for spreading malaria.
今回の研究では、昼間に刺すAedes aegypti mosquito(ネッタイシマカ)を中心に調査が行われました。Anopheles(ハマダラカ)を含む他の種類の蚊は、主に夜間に活動します。Anopheles(ハマダラカ)は、マラリアを媒介する原因とされています。

Female Aedes aegypti search out blood meals in humans to develop eggs. They use several different senses to find those meals. One of the main identifying tools is the smell of carbon dioxide (CO2). When a human breathes out CO2, the mosquitoes become more active and begin looking for targets to bite.
Aedes aegypti(ネッタイシマカ)のメスは、卵を作るために人間の血を探します。獲物を探すときにいくつかの異なる感覚を利用します。主な識別手段のうちの1つは、二酸化炭素(CO2)の匂いです。人間が二酸化炭素を吐くと、蚊は活発になり、刺す対象を探し始めます。

The research team said this search generally begins with the mosquito flying toward the direction of the released CO2. When seeking out targets, the insects search for dark objects. Once the mosquitoes are within close range, they can also sense heat from skin and additional skin smells to help guide them to a human.
研究チームによると、蚊は通常、二酸化炭素が放出された方向に向かって飛ぶことから獲物の探索が始まるそうです。ターゲットを探す際には、暗いものを探します。また、蚊は近距離に達すると、皮膚の熱や皮膚のにおいなどを感知し、それはまた、蚊を人間の近くまで誘導します。

The researchers used the CRSPR/Cas-9 gene editing method to remove two out of five light-sensing receptors in the mosquitoes’ eyes. They say taking away these receptors blocked the ability of the female Aedes aegypti to recognize dark targets.
研究チームは、CRSPR/Cas-9 遺伝子編集法を用いて、蚊の目にある5つの光受容体のうちの2つを除去しました。これらの受容体を取り除くことで、雌のイエネコが暗い標的を認識する能力が阻害されたといいます。

Craig Montell is a professor at the University of California, Santa Barbara, who helped lead the research. He said in a statement that by removing the two eye receptors, the team was able to “eliminate CO2-induced target recognition without causing blindness.”
Craig Montellは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授で、この研究を主導しました。同氏は、2つの目の受容体を取り除くことで、「失明を招くことなく、CO2による標的認識をなくすことができた」と述べています。

Experiments were carried out with the mosquitoes in cages and in wind tunnels. The team observed the insects’ movements toward light or dark markers to confirm that the gene editing method had changed their behavior.
実験は、ケージや風洞(実験のために人工的に風を発生させる装置)に入った蚊を使って行われました。蚊が明暗のマーカーに向かって移動する様子を観察し、遺伝子編集法によって行動が変化したことを確認しました。

In cage tests, the mosquitoes that did not undergo gene editing sought out a round, black marker after sensing CO2. But the mosquitoes with the two receptors removed did not attempt to move to the black marker even with the presence of CO2.
ケージ内での実験では、遺伝子編集を行っていない蚊は、CO2を感知すると丸くて黒いマーカーを探しました。しかし、2つの受容体を取り除いた蚊は、CO2があっても黒いマーカーに移動しようとはしませんでした。

The team then carried out a series of tests to confirm that the gene-edited mosquitoes had not simply gone blind. The experiments involved observing the insects’ reactions to light, as well as taking voltage measurements from electrodes connected to their eyes.
そこで研究チームは、遺伝子を編集した蚊が単に目が見えなくなったのではないことを確認するために、一連の実験を行いました。実験では、光に対する蚊の反応を観察したり、目に接続した電極から電圧を測定したりしました。

The results of those tests showed that the gene-edited mosquitoes could not only still see, but they could also identify different shades and motion.
その結果、遺伝子を組換えた蚊は目が見えるだけでなく、色の濃淡や動きを識別できることが確認されました。

Another leader of the study was Yinpeng Zhan, a postdoctoral researcher at the University of California, Santa Barbara. He said the research findings could have a wide effect on a series of insect disease carriers that can harm humans.
この研究のもう一人のリーダーは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の博士研究者であるYinpeng Zhan です。彼は、今回の研究成果は、人間に害を及ぼす一連の昆虫の病気の媒介に関して広範囲の影響を与える可能性があると述べています。

“Vision plays an important role in detecting a potential host for blood-feeding insects such as mosquitoes, kissing bugs, tsetse flies and ticks,” Zhan said. “And this study is the first to uncover the molecular mechanisms behind this behavior.”
Zhan准教授は、「視覚は、蚊やキスジカ、ツェツェバエ、マダニなどの吸血昆虫の宿主候補を検出するのに重要な役割を果たしています。今回の研究は、この行動の背景にある分子メカニズムを初めて明らかにしたものです。」と述べました。

Next, the team says it will seek to identify other receptors used by Aedes mosquitoes to search out and feed on human targets.
研究チームは今後、ヒトの標的を探し出して捕食するためにAedes mosquitoes(ヒトスジシマカ)が使用する他の受容体を特定することを目指しているといいます。

I’m Bryan Lynn.
私はBryan Lynn です。

Bryan Lynn wrote this story for VOA Learning English, based on reports from UC Santa Barbara and Current Biology. Susan Shand was the editor.
Bryan Lynn は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校とカレント・バイオロジーからの報告をもとに、VOA Learning Englishのためにこの記事を書きました。編集はSusan Shand が担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

遺伝子編集によって蚊の病気の媒介を防げるという興味深い記事でした。専門用語や昆虫の名前が多く出てきたので、なかなか骨の折れる教材だったかもしれません。英文を読んでいて、少し難しいな、途中からチンプンカンプンだな、と思ったときは、思い切って最初に戻り、1文1文をじっくり理解しながら読むようにしましょう。整った文章は真ん中だけ読めばわかる、ということはほとんどなく、最初から最後まで1つの帯のようにつながっています。分からなくなったら分かるところまで戻ってじっくり読む、これが実は遠回りのようで一番の英文読解のコツです。その際にわからない単語が多くある場合は、語彙力不足が読解の妨げになっています。『VOA基本英単語1541』などを使って基礎語彙力を上げましょう。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。