VOA リスニング

VOA Learning English 211107

Which Technologies Could Help the World Reach its Climate Goals?

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Which Technologies Could Help the World Reach its Climate Goals?

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 今後、世界が気候目標を達成するためにどのような技術が必要なのかということについてです。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

The United Nations Climate Change Conference, known as COP26, is continuing in Glasgow, Scotland. World leaders, climate experts and activists have gathered in an effort to negotiate new action plans to fight the widespread effects of climate change.

Technology is likely to play a big part in helping the world reach its climate goals in the future. Here is a closer look at some possible technology-based solutions.

Fusion

Fusion is the process that fires the sun. But some experts say it could someday power our homes.

Fusion happens when the nuclei of two atoms are subjected to extreme heat. This leads to the formation of a new larger atom and large amounts of energy.

One problem is that the process itself requires a large amount of energy. Developers of the technology have not yet performed a fusion reaction that releases more energy than it requires. In addition, running an electric power plant off of fusion would require the resulting heat to be contained in an economical way.

Still, scientists at Britain’s Oxford University, America’s Massachusetts Institute of Technology and other places say they are making progress. The British government believes a working model for producing electricity can be in place by the year 2040.

Advanced Nuclear

Advanced nuclear plants would be smaller than today’s massive nuclear reactors. Experts say they could be used in rural areas and could take over for wind and solar power when the sun goes down or the wind dies.

But advanced nuclear reactors are difficult and costly to build. Critics say they would also create more dense waste. And they would run on uranium, which is far more enriched than fuel used in today’s reactors. That could make some advanced reactors more appealing to militants seeking materials to make weapons.

In the United States, Bill Gates has said he aims to build a reactor that uses advanced nuclear technology for about $1 billion. His plans call for many advanced nuclear plants to be operational by the 2030s. China, Russia and Japan are also working on the technology.

Carbon Capture

Last month, a Swiss company announced it had launched the world’s largest carbon capturing plant in Iceland. The system captures carbon dioxide (CO2) directly from the air and puts the gas underground.

Currently, there are 15 direct air capture plants operating worldwide. The International Energy Agency (IEA) estimates the plants capture more than 9,000 metric tons of CO2 per year. While that might sound like a lot, it is about equal to the amount produced by about 2,000 cars over the same period.

Carbon capturing costs are currently high -- in the range of $600 per metric ton of CO2 captured. But supporters say those costs will fall as the technology improves.

Supporters also say tax breaks for businesses in the U.S. and other countries could help the technology. But critics, including the environmental group Sierra Club, say offering large credits could actually lead to more plants continuing to burn fossil fuels.

Hydrogen

Hydrogen can be mixed with natural gas to make a cleaner-burning fuel. This could power a fuel cell vehicle. Such a vehicle would release environmentally friendly water vapors.

So-called clean hydrogen can be produced using energy methods such as wind and solar. But those methods are more costly than "grey hydrogen," which is made with fossil fuels.

Another possibility, known as “blue hydrogen,” can be made in natural gas plants that capture carbon. But some scientists say that process can release methane gas, which would make hydrogen no cleaner than natural gas itself.

Saudi Arabia, the world’s largest oil exporter, is planning to build a $5-billion plant to produce clean hydrogen.

Geothermal

Geothermal power plants capture heat up to 370 degrees Celsius far below the Earth’s surface. The heat creates steam that can turn turbines to produce electricity.

The United States, Indonesia, the Philippines and Kenya lead the world in geothermal electricity production. But the technology would need to greatly expand to become a major alternative to fossil fuels.

Experts estimate the U.S. has the capacity to produce 10 percent of the country’s current power demand through geothermal power. But startup costs to build the technology are high. This has prevented major investments so far. Countries lacking in fossil fuel resources, including Japan and Singapore, are seeking to develop geothermal power.

I’m Bryan Lynn.

Reuters reported on this story. Bryan Lynn adapted the report for VOA Learning English. Ashley Thompson was the editor.


Words in This Story

advanced – adj. having progressed or developed to a late stage

enrich – v. to improve the quality of purity of something such as a substance

fossil fuel – n. fuels such as coal, oil, or natural gas formed in the earth from dead plants or animals

vapor – n. a substance in a gaseous state as opposed to a liquid or solid

methane – n. a gas that has no color or smell that is used for cooking and heating

turbine – n. a large machine that produces power by using gas, steam, etc. to turn a wheel

alternative – n. one of two or more things that you can choose between

capacity – n. the largest amount or number that can be held or contained

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Which Technologies Could Help the World Reach its Climate Goals?
世界が気候目標を達成するためにどのような技術が必要か?

The United Nations Climate Change Conference, known as COP26, is continuing in Glasgow, Scotland. World leaders, climate experts and activists have gathered in an effort to negotiate new action plans to fight the widespread effects of climate change.
スコットランドのグラスゴーでは、国連気候変動会議(COP26)が開催されています。世界の指導者、気候専門家、活動家が集まり、広範囲に及ぶ気候変動の影響に対抗するための新たな行動計画を取り決めようとしています。

Technology is likely to play a big part in helping the world reach its climate goals in the future. Here is a closer look at some possible technology-based solutions.
今後、世界が温暖化対策の目標を達成するためには、テクノロジーが大きな役割を果たすことになるでしょう。ここでは、テクノロジーを利用したソリューションの可能性について詳しく紹介します。

Fusion
核融合

Fusion is the process that fires the sun. But some experts say it could someday power our homes.
核融合は、太陽を燃やすプロセスです。しかし、専門家の中には、核融合が家庭の電力源になるかもしれないと言う人もいます。

Fusion happens when the nuclei of two atoms are subjected to extreme heat. This leads to the formation of a new larger atom and large amounts of energy.
核融合は、2つの原子の原子核が高熱にさらされることで起こります。その結果、より大きな原子が新たに生成され、大量のエネルギーを得ることができます。

One problem is that the process itself requires a large amount of energy. Developers of the technology have not yet performed a fusion reaction that releases more energy than it requires. In addition, running an electric power plant off of fusion would require the resulting heat to be contained in an economical way.
問題は、このプロセス自体が大量のエネルギーを必要とすることです。この技術の開発者は、必要以上のエネルギーを放出する核融合反応をまだ行っていない。また、核融合を利用して発電所を運営するには、発生する熱を経済的に抑える必要がある。

Still, scientists at Britain’s Oxford University, America’s Massachusetts Institute of Technology and other places say they are making progress. The British government believes a working model for producing electricity can be in place by the year 2040.
しかし、イギリスのオックスフォード大学やアメリカのマサチューセッツ工科大学などの科学者たちは、前進していると述べています。イギリス政府は、2040年までに実用的な発電モデルを確立できると考えています。

Advanced Nuclear
先進的な原子力

Advanced nuclear plants would be smaller than today’s massive nuclear reactors. Experts say they could be used in rural areas and could take over for wind and solar power when the sun goes down or the wind dies.
先進的な原子力発電所は、現在の巨大な原子炉よりも小さくなります。専門家によると、地方での使用が可能で、太陽が沈んだり、風がなくなったりしたときに、風力や太陽光発電の代わりになると言われています。

But advanced nuclear reactors are difficult and costly to build. Critics say they would also create more dense waste. And they would run on uranium, which is far more enriched than fuel used in today’s reactors. That could make some advanced reactors more appealing to militants seeking materials to make weapons.
しかし、先進的な原子炉の建設は難しく、コストもかかります。また、より高密度の廃棄物が発生すると批判されています。また、現在の原子炉で使用されている燃料よりもはるかに濃縮されたウランを使用することになります。そのため、兵器の材料を求める過激派にとっては、新型原子炉が魅力的に映るかもしれません。

In the United States, Bill Gates has said he aims to build a reactor that uses advanced nuclear technology for about $1 billion. His plans call for many advanced nuclear plants to be operational by the 2030s. China, Russia and Japan are also working on the technology.
米国では、ビル・ゲイツ氏が、10億ドル程度で先進的な原子力技術を用いた原子炉を建設することを目指しているといいます。彼の計画では、2030年代までに多くの先進的な原子力発電所を稼働させることになっています。また、中国、ロシア、日本もこの技術に取り組んでいます。

Carbon Capture
炭素回収

Last month, a Swiss company announced it had launched the world’s largest carbon capturing plant in Iceland. The system captures carbon dioxide (CO2) directly from the air and puts the gas underground.
先月、スイスの企業がアイスランドで世界最大の炭素回収プラントを立ち上げたと発表しました。これは、空気中の二酸化炭素(CO2)を直接回収し、そのガスを地下に入れるシステムです。

Currently, there are 15 direct air capture plants operating worldwide. The International Energy Agency (IEA) estimates the plants capture more than 9,000 metric tons of CO2 per year. While that might sound like a lot, it is about equal to the amount produced by about 2,000 cars over the same period.
現在、世界で15の空気直接回収プラントが稼働しています。国際エネルギー機関(IEA)の推計によると、これらのプラントは年間9,000トン以上のCO2を回収しています。国際エネルギー機関(IEA)の推計によると、年間9,000トン以上のCO2を回収しています。

Carbon capturing costs are currently high -- in the range of $600 per metric ton of CO2 captured. But supporters say those costs will fall as the technology improves.
現在、CO2回収のコストは高く、1トンのCO2を回収するのに600ドル程度かかると言われています。しかし、支持者たちは、技術が進歩すればコストは下がると言っています。

Supporters also say tax breaks for businesses in the U.S. and other countries could help the technology. But critics, including the environmental group Sierra Club, say offering large credits could actually lead to more plants continuing to burn fossil fuels.
また、アメリカや他の国の企業に対する税制優遇措置も、この技術を後押しするとしています。しかし、環境保護団体のシエラクラブをはじめとする批判者たちは、多額のクレジットを提供することで、かえって化石燃料を燃やし続ける工場を増やすことになると指摘しています。

Hydrogen
水素

Hydrogen can be mixed with natural gas to make a cleaner-burning fuel. This could power a fuel cell vehicle. Such a vehicle would release environmentally friendly water vapors.
水素は、天然ガスと混合することで、よりクリーンな燃焼燃料となります。これは、燃料電池自動車の動力源となります。その場合、環境にやさしい水蒸気を放出することができます。

So-called clean hydrogen can be produced using energy methods such as wind and solar. But those methods are more costly than "grey hydrogen," which is made with fossil fuels.
いわゆるクリーンな水素は、風力や太陽光などのエネルギーを利用して作ることができます。しかし、これらの方法は、化石燃料を使って作る「灰色の水素」よりもコストが高いのです。

Another possibility, known as “blue hydrogen,” can be made in natural gas plants that capture carbon. But some scientists say that process can release methane gas, which would make hydrogen no cleaner than natural gas itself.
また、「ブルー・ハイドロゲン」と呼ばれる水素は、炭素を回収する天然ガスプラントで製造することができます。しかし、この方法ではメタンガスが発生する可能性があり、水素のクリーン度は天然ガスと変わらないという意見もあります。

Saudi Arabia, the world’s largest oil exporter, is planning to build a $5-billion plant to produce clean hydrogen.
世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、50億ドルを投じてクリーンな水素を製造する工場の建設を計画しています。

Geothermal
地熱発電

Geothermal power plants capture heat up to 370 degrees Celsius far below the Earth’s surface. The heat creates steam that can turn turbines to produce electricity.
地熱発電所は、地表のはるか下にある370℃もの熱を取り込みます。この熱で蒸気を発生させ、タービンを回して電気を作ります。

The United States, Indonesia, the Philippines and Kenya lead the world in geothermal electricity production. But the technology would need to greatly expand to become a major alternative to fossil fuels.
地熱発電は、アメリカ、インドネシア、フィリピン、ケニアなどが世界での高いレベルを保っています。しかし、この技術が化石燃料に代わる主要なエネルギー源となるためには、大幅な拡大が必要です。

Experts estimate the U.S. has the capacity to produce 10 percent of the country’s current power demand through geothermal power. But startup costs to build the technology are high. This has prevented major investments so far. Countries lacking in fossil fuel resources, including Japan and Singapore, are seeking to develop geothermal power.
専門家によると、米国には現在の電力需要の10%を地熱発電でまかなう能力があると言われています。しかし、この技術を構築するためのスタートアップ・コストが高いため、これまで大規模な投資ができませんでした。そのため、これまで大きな投資はできませんでした。日本やシンガポールなど、化石燃料資源に乏しい国は、地熱発電の開発を目指しています。

I’m Bryan Lynn.
以上、Bryan Lynnでした。

Reuters reported on this story. Bryan Lynn adapted the report for VOA Learning English. Ashley Thompson was the editor.
ロイターがこの記事を報道しました。Bryan LynnがVOA Learning Englishのためにレポートをまとめました。Ashley Thompsonが編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 

担当のコメント

先日イギリスでCOP26が開催され、日本でも大きく報道されました。脱炭素や次世代エネルギーには様々なものがありますが、この記事ではそれらを簡潔にわかりやすく説明されています。この記事にはアメリカなどのメディアでよく目にする用語がたくさん紹介されています。こうした知識は英検、TOEFL、大学入試問題なので非常によく出題されますので、知識を増強するつもりで、記事に触れてみてください。用語を日本語訳と対比し、その技術に関して日本語で情報をあつめ理解するという作業も、英語をより深く理解するために必要です。知らないことを英語で読んだり聞いたりするのと、知っていることを英語で紹介されるのは、理解のスピードに大きな違いがあるからです。専門用語以外の基礎単語力は『VOA基本英単語1541』で語彙力補強をしてください。リスニング力を伸ばしたい人は『基礎からはじめる英語リスニング』で基礎力をつけることも有効です。


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。