VOA リスニング

VOA Learning English 211114

Do Electric Cars Help the Environment?

この記事は VOA Learning English のウェブサイト(https://learningenglish.voanews.com/)の記事と問題を使用しています。
引用元の記事はこちらです。
Do Electric Cars Help the Environment?

このコンテンツには最後に日本語訳があります。

このコンテンツを使ったディクテーション学習もできます。

記事の概要

今回取りあげる VOA Learning Englishに掲載された記事は、 電気自動車は環境にやさしいかについて報告された記事についてです。

学習の例

まずはスクリプトを見ないで音声を聞きましょう。クイズがある場合は、音声を聞いたあとにクイズに挑戦することで、理解度をはかることができます。

そのあとに、スクリプトを見ながら音声を聞き、どこが聞き取れなかったのかを確認しましょう。

音声を聞きながら少しあとからマネをするシャドウイングも効果的です。

VOA Learning English の音声はゆっくりはっきり読まれますので、シャドウイングには最も適した素材です。音声のスピードを速くすることもできますが、英語の発音、イントネーション、間の取り方を学ぶことでリスニングだけではなく、スピーキングにも大きな効果が期待できますので、最初の何回かはそのままの音声でシャドウイングを試してみてください。

では、下の『再生』ボタンを押して、音声を聞きましょう。

「再生」を押すと出現するプレイヤーは, ボタンで読み上げスピードを調整できます。

プレイヤーの ボタンを押すことでリピート再生します。
音声が遅すぎると感じる場合は ボタンを押して速度を上げて聞いてください。ナチュラルスピードよりも少し遅くなる程度に速度調整しています。


この記事には理解度をはかるクイズがあります。クイズをする場合はボタンをおしてください。 


VOAニュースのイメージ画像
(本ページの画像ならびにOGP画像はCC0 またはパブリックドメインのものを使用しております。)

Electric vehicles (EVs) are a strong weapon in the world’s efforts against global warming. But the effects of EVs depend on what country you are in. In some nations, electric vehicles lead to the release of more carbon gasses than gasoline cars, new research shows.

The Radiant Energy Group (REG) compared gas emissions caused by a gasoline vehicle and from charging an electric vehicle. The study compared the emissions caused by charging a Tesla Model 3 to drive 100 kilometers with the emissions coming from an average gasoline car driven the same distance.

Countries where charging an electric vehicle is cleaner than driving a gasoline-powered car use a lot of hydroelectric, nuclear or solar power.

Sales of electric cars are rising the fastest in Europe. Data from REG suggests that EVs in Poland and Kosovo actually create more carbon emissions because their electric systems depend so much on coal.

In other European countries, however, EVs result in reduced emissions. The carbon gas reduction depends on what energy supplies electricity systems and the time of day vehicles are charged.

The countries with the biggest carbon gas savings from EVs use a lot of nuclear and hydroelectric power. First was Switzerland at 100 percent carbon savings over gasoline vehicles. Next was Norway at 98 percent, France at 96 percent, Sweden at 95 percent and Austria 93 percent. The research was based on public data on Europe’s electricity usage and the European Environment Agency (EEA).

The countries which showed the lowest savings were Cyprus at four percent, Serbia 15 percent, Estonia 35 percent and the Netherlands 37 percent. An EV driver in Germany reduces greenhouse gas emissions by 55 percent over a gasoline car. Germany uses a mix of renewable energy and coal to produce electricity.

Germany and Spain create a lot of electricity from the sun and wind. But the sun and wind do not add to a country’s electricity system equally throughout the day.

For this reason, the amount of carbon emissions saved by driving an EV depends on the time of day it is being charged. Charging in the afternoon, when there is more sun and wind, saves 16 to 18 percent more carbon than at night when electricity systems are more likely to be using gas or coal.

The study was released just before Wednesday’s talks on transportation at the United Nations’ climate meeting in Glasgow. During the meeting, a group of countries, companies and cities promised to stop making gas-powered cars by 2040.

But the study showed how the auto industry’s ability to reduce emissions depends on what national power systems use to produce electricity. European countries have not solved how to reduce carbon emissions and how to store some kinds of renewable energy in their systems.

The gap in emissions between electric and gasoline-powered vehicles has narrowed in recent years. In Europe, carmakers have been required to meet EU carbon reduction standards. They have made their gasoline engines more fuel-efficient. As a result, the carbon emissions of new gasoline-powered cars in Europe fell an average of 25 percent between 2006 and 2016, EEA information says.

EV sales in Europe are supported by government spending and rules against new gasoline engine cars after 2035. About one in five cars sold in Europe from July to September of this year were electric.

Automakers including General Motors, Stellantis and Volkswagen have set targets to sell mainly electric vehicles in Europe in the coming years. U.S. car manufacturer General Motors said it will have all new electric cars by 2022.

I’m Dan Novak.

Reuters reported this story. Dan Novak adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.


Words in This Story

emission — n. (often pl.) something that is sent out, given off or released

hydroelectric— n. of or relating to the production of electricity by using machines that are powered by moving water

charge –v. to put electricity into a device so that it will operate

greenhouse gases –n. (pl.) a number of gasses that trap heat and have been linked to warming in the atmosphere

gap –n. a difference between people or things

この英文には日本語訳があります。日本語訳はナラボー・プレスが作成しています。
日本語訳を表示をする場合はボタンをおしてください。 

 

【日本語訳】

Do Electric Cars Help the Environment?
電気自動車は環境にやさしい?

Electric vehicles (EVs) are a strong weapon in the world’s efforts against global warming. But the effects of EVs depend on what country you are in. In some nations, electric vehicles lead to the release of more carbon gasses than gasoline cars, new research shows.
電気自動車(EV)は、地球温暖化対策の強力な武器となっています。しかし、電気自動車の効果は国によって異なります。一部の国では、電気自動車がガソリン車よりも多くの炭素ガスの放出につながることが、新しい研究で明らかになりました。

The Radiant Energy Group (REG) compared gas emissions caused by a gasoline vehicle and from charging an electric vehicle. The study compared the emissions caused by charging a Tesla Model 3 to drive 100 kilometers with the emissions coming from an average gasoline car driven the same distance.
Radiant Energy Group(REG)は、ガソリン車と電気自動車を充電したときに発生するガスの排出量を比較しました。この研究では、テスラモデル3を充電して100km走行した場合の排出量と、平均的なガソリン車を同じ距離で走行させた場合の排出量を比較しました。

Countries where charging an electric vehicle is cleaner than driving a gasoline-powered car use a lot of hydroelectric, nuclear or solar power.
電気自動車の充電がガソリン車よりもクリーンな国は、水力発電、原子力発電、太陽光発電を多く使用しています。

Sales of electric cars are rising the fastest in Europe. Data from REG suggests that EVs in Poland and Kosovo actually create more carbon emissions because their electric systems depend so much on coal.
電気自動車の販売台数が最も伸びているのはヨーロッパです。REG社のデータによると、ポーランドやコソボでは、電気システムに石炭を多く使用しているため、電気自動車による二酸化炭素の排出量が多くなっています。

In other European countries, however, EVs result in reduced emissions. The carbon gas reduction depends on what energy supplies electricity systems and the time of day vehicles are charged.
しかし、他のヨーロッパ諸国では、電気自動車の導入によって排出量が削減されています。炭素ガスの削減量は、電力システムにどのようなエネルギーを供給しているか、また自動車を充電する時間帯によって異なります。

The countries with the biggest carbon gas savings from EVs use a lot of nuclear and hydroelectric power. First was Switzerland at 100 percent carbon savings over gasoline vehicles. Next was Norway at 98 percent, France at 96 percent, Sweden at 95 percent and Austria 93 percent. The research was based on public data on Europe’s electricity usage and the European Environment Agency (EEA).
電気自動車による炭素ガス削減効果が大きい国は、原子力発電や水力発電を多く利用しています。1位はスイスで、ガソリン車に比べて100%の二酸化炭素削減効果がありました。次いでノルウェーが98%、フランスが96%、スウェーデンが95%、オーストリアが93%となっています。この調査は、欧州の電力使用量に関する公開データと欧州環境機関(EEA)のデータに基づいて行われました。

The countries which showed the lowest savings were Cyprus at four percent, Serbia 15 percent, Estonia 35 percent and the Netherlands 37 percent. An EV driver in Germany reduces greenhouse gas emissions by 55 percent over a gasoline car. Germany uses a mix of renewable energy and coal to produce electricity.
最も低い節約率を示した国は、キプロスの4%、セルビアの15%、エストニアの35%、オランダの37%でした。ドイツのEVドライバーは、ガソリン車に比べて温室効果ガスの排出量を55%削減しています。ドイツでは、再生可能エネルギーと石炭を組み合わせて電力を生産しています。

Germany and Spain create a lot of electricity from the sun and wind. But the sun and wind do not add to a country’s electricity system equally throughout the day.
ドイツとスペインは、太陽光と風力から多くの電力を生み出しています。しかし、太陽光や風力が1日を通して等しくに電力システムにエネルギーを供給できるわけではありません。

For this reason, the amount of carbon emissions saved by driving an EV depends on the time of day it is being charged. Charging in the afternoon, when there is more sun and wind, saves 16 to 18 percent more carbon than at night when electricity systems are more likely to be using gas or coal.
そのため、EVに乗ることで削減できるCO2の量は、充電する時間帯によって異なります。太陽光と風力が多くなる午後に充電すると、電力システムがガスや石炭を使用する可能性が高い夜間に比べて、16〜18%多くの二酸化炭素を削減することができます。

The study was released just before Wednesday’s talks on transportation at the United Nations’ climate meeting in Glasgow. During the meeting, a group of countries, companies and cities promised to stop making gas-powered cars by 2040.
この研究結果は、グラスゴーで開催された国連気候変動会議で、水曜日の交通に関する協議の直前に発表されました。この会議では、国、企業、都市のグループが、2040年までにガス自動車の製造を中止することを約束しました。

But the study showed how the auto industry’s ability to reduce emissions depends on what national power systems use to produce electricity. European countries have not solved how to reduce carbon emissions and how to store some kinds of renewable energy in their systems.
しかし、この研究では、自動車業界が排出量を削減できるかどうかは、各国の電力システムがどのような方法で電力を生産するかに依存することが示されました。欧州の国々は、二酸化炭素の排出量を削減する方法や、ある種の再生可能エネルギーをシステムに蓄える方法を解決していません。

The gap in emissions between electric and gasoline-powered vehicles has narrowed in recent years. In Europe, carmakers have been required to meet EU carbon reduction standards. They have made their gasoline engines more fuel-efficient. As a result, the carbon emissions of new gasoline-powered cars in Europe fell an average of 25 percent between 2006 and 2016, EEA information says.
近年、電気自動車とガソリン車の排出量の差は縮まってきています。欧州では、自動車メーカーはEUの炭素削減基準を満たすことが求められています。欧州では、自動車メーカーはEUの炭素削減基準を満たすことが求められており、ガソリンエンジンの燃費を向上させてきました。その結果、欧州では2006年から2016年の間に、ガソリン車の新車の炭素排出量が平均25%減少したとEEAの情報は伝えています。

EV sales in Europe are supported by government spending and rules against new gasoline engine cars after 2035. About one in five cars sold in Europe from July to September of this year were electric.
欧州におけるEVの販売は、政府の支出と2035年以降のガソリンエンジン車の新車禁止ルールによって支えられています。今年の7月から9月にかけて欧州で販売された自動車のうち、約5台に1台が電気自動車でした。

Automakers including General Motors, Stellantis and Volkswagen have set targets to sell mainly electric vehicles in Europe in the coming years. U.S. car manufacturer General Motors said it will have all new electric cars by 2022.
ゼネラルモーターズ、ステランティス、フォルクスワーゲンなどの自動車メーカーは、今後数年間に欧州で主に電気自動車を販売する目標を設定しています。米国の自動車メーカーであるゼネラルモーターズは、2022年までにすべての新型電気自動車を用意すると述べています。

I’m Dan Novak.
私はDan Novakです。

Reuters reported this story. Dan Novak adapted it for VOA Learning English. Mario Ritter, Jr. was the editor.
ロイターがこの記事を報道しました。Dan NovakがVOA Learning Englishのために脚色しました。Mario Ritter, Jr.が編集を担当しました。

【VOA Learning Englishのバックナンバー】

 


お便りお待ちしております。

ナラボー・プレスは、ユーザーにみなさまにとって便利で役に立つ英語学習サイトを目指しています。
こんな学習がしたい、学習素材が欲しい、というご要望がありましたらぜひ、ご連絡ください。
またはナラボー・プレスが掲載しているVOAの記事で分からない箇所があれば、お気軽にご質問ください。
お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
【お問い合わせフォーム:担当土屋】

ぜひSNSで記事をシェアしてください。