You’re up to something. ― VOA English @ the Movies

Hampstead『ロンドン、人生はじめます』

 アメリカやイギリスの映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、2017年のイギリス映画 Hampstead『ロンドン、人生はじめます』で使われた You’re up to something. です。

 動画は、ここにあります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5323299.html

 主演はダイアン・キートンです。1970年代にいくつもの映画で出ており、私は大ファンでした。『ゴッド・ファーザー』や『ミスター・グッドバーを探して』などにも出演しています。

 私はタバコは吸わないし吸ったこともありませんが、『ミスター・グッドバーを探して』でダイアン・キートンがタバコを吸う姿には魅了されました。

『ロンドン、人生はじめます』での一幕

 亡くなった夫の負債に悩まされながら生きているエミリー(ダイアン・キートン)は、ある日、双眼鏡で遠くを見ていると、自然に囲まれた小さな家で暮らしているドナルド(ブレンダン・グリーソン)の姿を発見します。

 彼は余計なものを持たず、気ままに本を読み、森でピクニックをするといった自由で優雅な生活をしていました。
 やがて彼女は、頑固ながらも温かいドナルドの人柄に惹(ひ)かれていきます。

 さて、You’re up to something. が使われているシーンです。

 If you really want to stay here, you have to fight for it! は、ドナルドが、不動産開発業者の手で立ち退き命令を出されたあとに、エミリーが言っている台詞です。

 エミリーがドナルドと付き合い始め、母親の家を訪れた息子が、何かが違うことに気づき、

 You’re up to something, mama. 「ママは何か隠しているね」

と言います。そのあとのエミリーのセリフが What could I possibly be hiding? (私が何を隠せるって言うのよ?)です。
 ドナルドが言っている Handyman は「便利屋、雑用係」という意味です。

be up to something の使い方

 be up to something は、疑問詞の形でもよく使います。例えば、人が何かそわそわしていたり、何かを隠していたりしているようなとき、What are you up to? (何をたくらんでいるの?)のように言います。

 誰かが何かを企んでいそうなとき、She may be up to something. (彼女は何かを隠しいるかも)のように言うこともあります。

 また、「これからどうするの?」と言うようなときにも What are you up to? と言ったりします。

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

いいね!  まだ『いいね!』がありません。
よい記事でしたら、ぜひ『いいね!』を押してください。
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました