Being Spontaneous ― VOA English @ the Movies

 今週のVOA English @ the Moviesの表現はThe Truman Show『トゥルーマン・ショー』に出てきた”Being Spontaneous”です。

 アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。基本的に、月曜日か火曜日に掲載します。

Being Spontaneous

 この表現は、年の映画 The Truman Show(邦題は『トゥルーマン・ショー』)に出てきたものです。

この動画は、VOA Learning EnglishのENGLISH @ THE MOVIESにある動画を利用しています。
実際の動画のリンクは下になります。
https://learningenglish.voanews.com/a/5748239.html

字幕の表現を見ていきましょう。

Welcome to English @ the Movies – American Classics where we teach you American English heard at the movies.

「『映画の英語 ― アメリカの名作』にようこそ。ここでは、映画に使われたアメリカ英語について学習します」

In the 1998 movie “The Truman Show,” Truman Burbank does not know his whole life is a television show.
「1998年の映画『トゥルーマン・ショー』では、トゥルーマン・バーバンクは、彼の人生すべてが1つのテレビドラマなのだということを知りません」

Hidden cameras broadcast “The Truman Show” 24 hours a day around the world.
「隠しカメラが、世界中に一日24時間、『ザ・トゥルーマン・ショー』を配信していたのでした」
 broadcast は「放送する、放映する」。

All the people in his life, including his wife, are actors.
「彼の生活に現れるすべての人は、妻を含めて俳優なのです」
 including は「~を含めて」という前置詞です。

His hometown is really a stage.
「彼の故郷は、実はステージなのです」

After observing strange events and behaviors, Truman begins to question his sanity.
「奇妙な出来事や行動を観察していて、トゥルーマンは正気を疑い始めます」
 observe は「観察する、よく見る」。
 question は「疑問に思う」という動詞です。
 sanity は「正気」。

Listen for the words “being spontaneous.”
「being spontaneous という表現を聴いてみましょう」

Truman!
「トゥルーマン!」

Where shall we go?  Where shall we go?
「どこへ行こうかな? どこへ行こうかなぁ?」

Truman, where are we going?
「トゥルーマン、どこへ行くの?」

I don’t really know.  I guess I’m being spontaneous.
「よく分からないね。成り行き任せって感じかなぁ」

Somebody, help me!  I’m being spontaneous.
「誰か助けてください! 僕はやることが分からないんです」

What do you think “being spontaneous” means?  Is it,
「being spontaneous はどういう意味だと思いますか。それは、」

(A) Acting in a way that causes trouble
「(A) 問題を起こす行動をしている」

or (B) Doing something that is not planned
「あるいは、(B) 計画していないことをしている」

The answer is (B). 

Truman got an urge to spontaneous after feeling he was being tricked for mysterious reasons.
「トゥルーマンは、何かミステリアスな理由でだまされていると感じたあと、成り行き任せにしたい衝動に駆られたのです」
 spontaneous は、「自然発生的に起きる、自然な」という意味の形容詞です。ここでは「出たとこ勝負」のような意味合いで使っているようです。

And that’s English @ the Movies.
「映画で英語表現でした」

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

 

いいね!  まだ『いいね!』がありません。
よい記事でしたら、ぜひ『いいね!』を押してください。
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました