カリフォルニアの青い空 ― 24.ルームメイトとの生活

VOA Books
赤井田拓弥がカリフォルニア州 Palm Desert にある College of the Desert に留学していたときに起きた、さまざまな出来事をエッセイ風に書いています。

 William Major Buck とルームシェアを始めるとき、32歳で独身ということから、彼がゲイでパートナーを探しているのではないか、などと良からぬ疑いをかけたりしてしまったが、それが杞憂であったことは、住み始めてすぐに判明した。

 いっしょに住み始めて2週間ほどしたころ、「今度の週末は時間があるか?」と訊かれた。「ある」と答えると、アナハイムに住む彼のガールフレンドがアパートを引っ越すからその手伝いに行くが、君もいっしょに行ってくれないかという依頼だった。

 フリーウェイを走るのは気持ちいい。これより前に、日本人の友人たちと一度ディズニーランドに遊びには行ったことがあったが、またロサンゼルスに行けるとあって、二つ返事で引き受けた。

 アナハイムはロサンゼルスの近くの市で、ディズニーランドがある町である。大リーグ野球の放送が日本でも始まったあとは、ロサンゼルス・エンジェルスの本拠地で、エンジェル・スタジアムがあることでも知られるようになった。

 William Major Buck のことは、「ビル」と呼んでいたので、これからビルと書く。William は Bill と略されて呼ばれる。

 アナハイムにはビルの車で行った。もちろん、私は助手席で。

 ビルのガールフレンドのアパートに着いたのは、金曜日の夕方だった。私は学校があったので、それが終わってから出発した。3時過ぎに Indio を出て、アナハイムに着いたのは、7時頃だったろうか。

 その日は大した引っ越し作業はなく、彼女のアパートで夕食を作り、3人で食べた。

 彼女のアパートは、いわゆる 1LDK で、部屋は1つだけで、ビルと彼女がその部屋で寝て、私はリビングルームにマットレスを敷き、そこで寝た。
 その後、隣の部屋で始まった出来事とその声には悩まされてしまったが。

 翌日、土曜日、3人で新しいアパートへの引っ越し作業をした。
 アメリカのアパートの場合、家具は備え付けが多く、それは残して行くため、実際に持ち出す荷物はそんなにないのである。なので、引っ越し作業もたやすく終わってしまった。

 その翌日の日曜日には、私がすでにディズニーランドには行ったことがあるため、アナハイムから少しロサンゼルスのほうに行ったブエナパークという町にある「ナッツベリーファーム」というアミューズメントパークに行った。

 そこで遊んで、夜になってから砂漠の Indio に帰ってきたのであった。

いいね!  まだ『いいね!』がありません。
よい記事でしたら、ぜひ『いいね!』を押してください。
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました