since five years ago は、なぜ間違い?

 自己紹介のとき、「私は5年前からここで働いています」のつもりで次のように言ってしまうことがありますが、それは間違いです。

  I have been working here since five years ago.

 sinceは「~から[以来]ずっと」で、agoは「~前」だから、「5年前からずっと」は since five year ago で大丈夫では?と思ってしまいそうですね。

 しかし、文法書などでも「since と ago を同時に使うのは間違いで、代わりに for five years やsince 2016 を使いましょう」のように説明されています。
 ですが、なぜ間違いなのかという説明はされないままです。

 それでは、「since と ago を同じ文で使うのはいつでも間違い」でしょうか。次の文を見てください。
  I have been working here sinceI joined this company five years ago.
  「5年前にこの会社に入社して以来、ずっとここで働いています」

 なんと、同じ文の中に since と ago が使われていますね。ですが、これは正しい文です

 どうしてでしょうか。

 なぜ since five years ago は間違いなのに、since I joined this company five years ago は正しい文のでしょうか。

 それは、since に前置詞の用法と接続詞の用法があることがポイントです。

 since ten years ago の場合は、あとに語句が続いていますから、ここでの sinceは前置詞です。そして、since I joined this company five years ago のときの sinceは接続詞です。主語が I で、joined が動詞ですね。<主語+述語>で節の形になっています。

 前置詞というのは「名詞(句)の前に置く語」のことですから、あとには名詞(句)が続きます。もちろん、from here とか until recently、since then などのように、前置詞の目的語として副詞が続くことはあります。しかし、多くは「前置詞+1語の副詞」で、慣用句として使われているようです。

 この five years ago のように「副詞句」が前置詞の目的語になることは、あまり例を見ません。

 five years ago は「副詞句」なので、前置詞の目的語としては、まだ認められていないのでしょう。

 副詞句を前置詞のあとに続けることはできませんので、間違いなのです。

 一方、sinceI joined this company five years agoのときの since は接続詞ですから、あとに節が続きます。
 節は「文」のようなものですから、その中で ago を使うことができるというわけです。


記事がおもしろかったら『いいね!』を押してください。
いいね! (3人の方が『いいね!』を押しました。)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました