「くびち」という名の鳥罠の作り方

 今ではほとんど目立たなくなったが、私の右目の下には数センチの傷跡がある。小学校に上がる前か上がってからかよく覚えていないが、家の庭の木の根につまずいて転び、前にあった尖った石で目の下を切ったのである。

 今では野鳥を捕まえて飼ったり食ったりすることは禁止されているが、私が子どもの頃は、メジロを捕まえて飼ったり、鳥罠をかけて捕った野鳥を食うのはふつうだった。
 これは、私が子どものころの屋久島での話。

 私が子どもの頃にかけた罠は「くびち」と呼ばれるようだ。兄に手伝ってもらって、初めて「くびち」を作り、かかった獲物を母親に見せようと喜び勇んで家に駆け戻っていて、木の根につまずいたのである。

くびちの作り方

 さて、その「くびち」という鳥罠の作り方を紹介しよう。ただし、作り方を知ったとしても、おそらく役には立たない。「鳥獣保護法」によって「日本に生息する鳥獣は鳥獣保護法で守られており、基本的には無断で捕獲することができません」ということになっている。悪しからず。

 まず、下の2つを用意する。これは山(家の近くの藪)に入る前に、家で作って用意する。
 輪っかになったのは、長さ3メートルくらいの丈夫な糸(畳糸など)を使う。右の1本の糸はその半分よりちょっと長いくらい。

 上の2つが用意できたら、小さい鉈(なた)やナイフを持って藪に入り、根元の直径が3センチ前後の木を探す。太すぎると、バネが強くなりすぎて糸が切れやすい。

 手頃な木を見つけたら、下のイラストのように150センチ~2メートルあたりで、上を切り落とす。枝も落とす。

 そして、枝や先っぽを切り落とした木に、最初に用意した2つをくくりつける。

 

 そして、一気に出来上がり図になってしまうが、下のイラストのように、地面には、直径が同じく3~5センチの棒を横に渡し、両端に重しの石を置いて、はね上がらないようにする。または、片方を地面に突き刺して跳ね上がらないようにし、片方だけに重しの石を置く。

 地面から2~3センチのところに来るように、跳ね押さえの細い横棒を留める。これには、小さいへごの茎を使うとよい。

 小鳥が中のエサをついばむために頭を上下すると、この細い横棒が落ちる。そして、まん中の支えが跳ね上がって、木のバネの力で太い横棒が落ち、鳥の首が挟まるという仕掛けである。

 正面から見ると、こんな感じである。

 横から見ると、こんな感じ。哀しげな鳥だな、このイラストは。

 毎日、学校から帰ると、かばんを置いて一目散に見に行く。しかし、獲物が手に入るのは、よくて10日に1羽くらいのものだった。
 もちろん、獲れた鳥は焼いて食った。罠から取り上げたときにまだ鳥が温かいと、ちょっと微妙な気持ちにはなったが、食い気のほうが強かった。

記事がおもしろかったら『いいね!』を押してください。
いいね! (3人の方が『いいね!』を押しました。)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました