辛夷の花が咲くと思い出す歌。


 
こぶしの花の咲く頃は みんな学校に慣れる頃
 うれしい夢や憧れが 呼んでいるよな春霞

この歌を知っている人は、今、昭和40年~45年に小学6年生だった人だと思われる。つまり、現在62歳から67歳の人たちである。この年齢の外の人たちには知らない人が多いだろう。

この歌は『6年生マーチ』といい、上記の6年間に、小学6年生の音楽の教科書に採用されていた。それも、教育出版社発行の教科書だけらしい。

最近まで、教科書は3年ごとの改定だったので、昭和40年~42年、43年~45年の2回改定の音楽教科書に載っていたというわけ。

私は昭和40年に小学6年生になった。

なぜ覚えているのかと言うと、歌い出しの 「♫ こぶしの」の部分が半拍遅れになっているからである。多くの同級生 (たぶん私も含めてだったかも) が、半拍遅れの歌い出しができなくて、先生に何度もやり直しをさせられたのだった。
それで覚えている。

不思議に思うこと

 
ただ不思議に思うのは、出だしの部分の意味である。

 こぶし(辛夷)は、ふつう3月半ば頃に咲く。作詞者の地元では4月の終わり位なのかと思って調べたが、作詞者は神奈川県小田原の人だった。

 「学校に慣れる」とはどういうことを言っているのだろう。
 新学年に進級して、クラスメートの名前や顔を覚え、授業の流れにもついて行けると思い始めたころを言うのだと思うが。

 とすれば、4月の終わりか連休明けあたりと思われる。それが、なぜ3月半ばあたりのこぶしが咲く頃なのだろう。

記事がおもしろかったら『いいね!』を押してください。
いいね! (1人の方が『いいね!』を押しました。)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました