カリフォルニアの青い空 ― 27. 「little =少し」のこと

 カリフォルニア州 Palm Desert にある College of the DesertESL(English as a Second Language)の先生が小さな犬(チワワ)を飼い始めた。その先生は日本と日本人が大好きだったので、その犬に日本語の名前を付けたいと思った。

 カフェテリアで日本人の学生たちとコーヒーを飲んでいたとき、先生が、My new dog is so little and cute. と言い、ヤマダという日本人学生(男)に「little は日本語で何?」と訊いた。

 するとヤマダは、「少し」と答えた。

 英単語を1つの語義で覚える受験勉強の「成果」とも言える。先生は My new dog is so little and cute. と言ったのに、即座に「少し」が出てきたわけである。

チビ」とか「豆助」とでも言えばよかったのかもね。

 私はその席にいなかったが、ほかの日本人学生もそれを修正しなかったわけである。

 そして、可哀想にというか、そのチワワは Sukoshi という名前にされてしまった。

 これは1976年の夏のことである。

 その13年後の1989年の夏に砂漠の町を訪れたときに、その先生の家を訪問すると、Sukoshi は健在だった。

記事がおもしろかったら『いいね!』を押してください。
いいね! (3人の方が『いいね!』を押しました。)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました