an emotional roller coaster ― アメリカ映画で使われた表現

アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。

an emotional roller coaster

 この表現は、2021年の映画 In the Heights(邦題は『イン・ザ・ハイツ』)に出てきたものです。
 この映画は昨年(2020年)夏の公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていたものです。

 マンハッタンのラテンアメリカ系の人たちが多く住むワシントンハイツ地区を部隊にしたミュージカル映画です。
 主人公のウスナビは食料品店を営んでいました。ウスナビは大物になることを夢見ていました。

 動画は、ここにあります。

English @ the Movies: An Emotional Roller Coaster
VOA Learning English presents news, features, audio, video and multimedia about the U.S. and the world in American English. Stories are written at the intermedi...

字幕の表現を見ていきましょう。

Welcome to English @ the Movies – American Classics where we teach you American English heard at the movies.
「『映画の英語 ― アメリカの名作』にようこそ。ここでは、映画に使われたアメリカ英語について学習します」

The movie In the Heights takes place in the Latin American community of Washington Heights in New York City.
「映画『イン・ザ・ハイツ』はニューヨーク市のワシントンハイツというラテンアメリカ系の地域を舞台にしています」
 take place と happen の違いに注意しましょう。混同して使う人もいますが、使い方が違います。take place は「予定していたことが起きる」ことに使います。いっぽう happen は「予期していなかったことが起きる」ことに使います。
 ですから、事故や地震などに take place は使いません。

Shop owner Usnavi dreams of closing his shop and moving to the Caribbean country where he was born.
「店のオーナーであるウスナビは、店を閉めて生まれ故郷であるカリブ海の国に引っ越すことを夢見ています」
 dream of …ing は「~することを夢見る」。of のあとに closing と moving という2つの動名詞が続いています。

In the process, he learns what it means to belong.
「そうしたなか、彼は自分がどこにいるべきなのかを知っていきます」
 in the process は「~の過程で、いつの間にか、そうこうするうちに」という意味合いです。
 what it means to belong は「所属するということはどういう意味なのか」ということです。

Listen for the words, “an emotional roller coaster.”
「an emotional roller coaster という表現を聞いてみましょう」
 「~を聞く」は listen to ~と覚えている人も多いかと思います。この listen for …は「~をじっくりと聞く、注意して聞く」という意味です。

I’ve been saving up all my pennies in my piggy bank for this day.
「僕はこの日のためにすべての金を貯金箱に貯めてきたんだ」
 I’ve been saving up は現在完了進行形(<have+be動詞の過去分詞+現在分詞>)の文です。
 pennies は「1セント」を表す penny の複数形です。アメリカドルのコインは、それぞれ愛称が付いています。
 1セントコイン= penny  5セントコイン= nickel  10セントコイン= dime
 25セントコイン= quarter(1ドルの4分の1だから)
 50セントコイン= half-dollar  1ドルコイン= dollar coin
 1ドルのことを buck とも言います。

 piggy bank は「貯金箱」です。子ども用の貯金箱は豚の形をしていますね。
 このサイトに piggy bank の由来などが書かれていますので、よかったら読んでください。
Piggy bank – Wikipedia

 this day は「この日」ですが、today という意味で使われることもよくあります。

This is going to be an emotional roller coaster.
「これは emotional roller coaster になるよ」

The odds are against you.
「君には不利だ(勝ち目はない)」

But there’s a chance, right?
「でもチャンスはあるわけ、でしょ?」

What do you think “an emotional roller coaster” is?
「an emotional roller coaster はどういう意味だと思いますか」

(A) An intense experience
「(A) 強烈な経験」
 intense には「強烈な、熱心な、真剣な、情熱的な」など、幅広い意味があります。

or (B) A painful experience
「あるいは、(B) 苦痛の経験」

Listen again.
「もう一度聞きましょう」

The answer is (A), an emotional roller coaster is “an intense experience.”
「答えは『(A) です。an emotional roller coaster は『強烈な経験』です」

A roller coaster is a ride at a fun park. It takes a person on many ups and downs with a lot of sudden turns.
「ローラーコースター」は楽しい公園にある乗り物です。それは人を乗せて、いくつもの上下運動や急展開をしたりします」
 日本ではふつう「ジェットコースター」と呼ばれますが、英語では roller coaster です。coast には「そりで滑り降りる」や「惰行運転する、惰性で進む」という動詞の意味があります。

An emotional roller coaster is an experience that brings out many different emotions, including pain and joy.
「an emotional roller coaster というのは、いろいろな感情や痛み、喜びなどを伴う経験のことを表しています」

And that’s English @ the Movies.
「映画で英語表現でした」

 動画の下にセリフが表示されますので、一時停止しながら、音声と確認しながら学習しましょう。

ナラボー・プレスのサイトもぜひ訪れてください。
http://www.nullarbor.co.jp/

VOA基本単語1541
記事がおもしろかったら『いいね!』を押してください。
いいね! (2人の方が『いいね!』を押しました。)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました