赤井田のつぶやき

赤井田のつぶやき

日本人は英語をしゃべるとバカになるのか。

 あるシンポジウムがありました。

その中で、一人の登壇者の先生(東大教授)が、次のような話をされました。

「7,8人の日本人だけしか参加していない会議で、みんなが英語で話すことがあります。すると途端に知能指数が半分くらいになったような内容しか出てきません。
生活英語

「高校の英語授業は英語で」は、可能か? そして、単語のカバー率。

「英語の授業を英語で」ということがよく話題になります。実際にどういう授業になっているのか、現場ではない私にはよく分からないのですが、先生がすべて英語で話し、生徒はそれを聞いて理解し、英語による質問などにも英語で答えるという授業だとしたら、生徒の語彙力の面から考えても、無理ではないかと思います。
2021.03.24
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 28.アルバイト諸々 ― 1

 留学生のアルバイトは、大学内や特殊な例を除いて、基本的に禁止されている。語学留学生は、まずアルバイトはできない
赤井田のつぶやき

スズキ・メソードと石井式漢字教育法、そして日本の英語教育との相違点。

この教え方の特徴は、最初は徹底的に聞かせるだけに徹することです。ある練習曲を何度も何度も、母親といっしょに聴かせます。保護者には「なぜ?」と思う人も多いようですが、最初からバイオリンを持たせたりピアノに触らせたりはしません。
赤井田のつぶやき

辛夷の花が咲くと思い出す歌。

この歌を知っている人は、今、昭和40年~45年に小学6年生だった人だと思われる。つまり、現在62歳から67歳の人たちである。この年齢の外の人たちには知らない人が多いだろう。
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 27. 「little =少し」のこと

 カフェテリアで日本人の学生たちとコーヒーを飲んでいたとき、先生が、My new dog is so little and cute. と言い、ヤマダという日本人学生(男)に「little は日本語で何?」と訊いた。
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 26.ハリケーン

 アメリカの砂漠地帯に住み始めて1か月、まだ最初の大学近くのアパートでルームシェアをしていた頃だったが、カリフォルニア州南部をハリケーンが襲った。  ハリケーンはアメリカの東部や南部に襲来することはよくあるが、西部のカリフォルニア州を襲うことは稀である。
赤井田のつぶやき

『郷ひろみのNew York Voice』

 この記事は、『小林克也のアメリ缶』の続きです。  前職の会社にいたときからの知り合いだった人が、『小林克也のアメリ缶』の制作者が私であることを知り、連絡してきた。「ハワイにあるリゾートマンションを販売している会社が、郷ひろみ氏をフィーチャーし、『小林克也のアメリ缶』に似た英会話教材を作りたいと言っている」と。
赤井田のつぶやき

『小林克也のアメリ缶』

 当時はラップ英語みたいなのが流行っていたし、小林克也氏が音楽にも関係があったので、彼の話す英語のバックに「トントントン」というリズムを刻む音を軽く入れてみたらどうだろうとなり、小林さんに相談したところ、「それはいいね、それで行こう」となった。
2021.03.04
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 25.夜警に駆り出される

ビルの友人が家を買って引っ越したが、どうも不審者がやってきて、2度ほど break-in されたらしい。大きな被害はなかったようだが、押し入りが入ったのだ。
2021.03.02
タイトルとURLをコピーしました