English @ the Movies

English @ the Movies

Don’t call me Shirley ― アメリカ映画で使われた表現

 この表現は、1980年の映画 Airplane!(邦題は『フライングハイ』)に出てきたものです。この映画には Airplane! のほかに Flying High というタイトルもあります。  パロディ映画です。
English @ the Movies

I’m game ― アメリカ映画で使われた表現

この表現は、1997年の映画 Liar Liar(邦題は『ライアーライアー』)に出てきたものです。  日本映画にも『ライアー×ライアー』というタイトルのものがありますが、別物です。
English @ the Movies

We Got Some New Blood ― アメリカ映画で使われた表現

 この表現は、2004年の映画 Ray(邦題は『Ray/レイ』)に出てきたものです。  2004年に亡くなったミュージシャン、レイ・チャールズの伝記映画です。また、この映画でレイ・チャールズを演じたジェイミー・フォックスが、アカデミー主演男優賞を受賞しました。
English @ the Movies

That’ll do pig, that’ll do ― アメリカ映画で使われた表現

 この表現は、1995年の映画 Babe(邦題は『ベイブ』)に出てきたものです。  『ベイブ』は、実写や CG、アニマトロにクスなどの特殊撮影を駆使した映画です。
English @ the Movies

home free ― アメリカ映画で使われた表現

The 1988 movie “Coming to America” tells the story of Prince Akeem Joffer, who comes from a wealthy African nation. 「1988年の映画『星の王子 ニューヨークへ行く』は、裕福なアフリカの国からやってきたアキーム・ジョファー王子の話です」
2021.04.13
English @ the Movies

you shall not pass ― アメリカ映画で使われた表現

この表現は、2001年の映画 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Rings (邦題は『ロード・オブ・ザ・リング』)に出てきたものです。  この映画は、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の1作目です。
2021.07.30
English @ the Movies

Never again. ― アメリカ映画で使われた表現

Never again.  この表現は、2000年の映画 Cast Away (邦題は『キャスト・アウェイ』)に出てきたものです。

主演はトム・ハンクスです。

2021.04.13
English @ the Movies

You don’t mess with serendipity. ― アメリカ映画で使われた表現

Welcome to English @ the Movies – American Classics where we teach you American English heard at the movies. 「『映画の英語 ― アメリカの名作』にようこそ。ここでは、映画に使われたアメリカ英語について学習します」
English @ the Movies

out of line ― VOA English @ the Movies

out of line  この表現は、1983年の映画 The Right Stuff(邦題は『ライトスタッフ』)に出てきたものです。 『ライトスタッフ』は、有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」に従事した7人の宇宙飛行士の実話を基にしています。
English @ the Movies

I took the fall. ― VOA English @ the Movies

 今週の映画の表現は、2013年のドラマ映画 Life of a King (邦題なし)に出てきたものです。 I took the fall. がどういう意味を表し、どのように使われているのかを見てみましょう。
タイトルとURLをコピーしました