VOA

VOA

VOA の2分ニュース(21年9月6日)

 このニュースは、2021年9月6日午後8時(アメリカ東部時間)に放送されたものです。  音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。 このサイトで、最新のニュースを選んでください。最新のニュースはページのトップにあります。
English @ the Movies

taken aback ― アメリカ映画で使われた表現

 この表現は、1969年の夏、ニューヨークのハーレムで行われた「ハーレム・カルチュラル・フェスティバル」の記録映像と、50年経ったあとにそのときの出演者たちにインタビューした模様が収録された映画の中で使われている表現です。  同じ年に開催されたウッドストックが有名ですが、当時の有名なブラックミュージシャンたちが参加したこのフェスティバルには、約30万人が集まりました。
2022.02.18
VOA

decadent ― ニュースで覚える英単語

Voice of America のニュースで単語を覚えましょう。きょうの単語は decadent です。動画を見ながら、単語のニュアンスを英語の感覚で覚えましょう。「1分間に100語」というゆっくりとした、聞き取りやすい話し方です。
2021.09.06
VOA

VOA の2分ニュース(21年8月31日)

 このニュースは、2021年8月30日午後8時(アメリカ東部時間)に放送されたものです。  音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。 このサイトで、最新のニュースを選んでください。最新のニュースはページのトップにあります。
English @ the Movies

What Could Possibly Go Wrong? ― アメリカ映画で使われた表現

「『ロキ』はディズニー・プラスのシリーズ作品です。それは、予測不可能なマーベル映画のスーパーヒーローであるロキについての映画で、ロキは宇宙の年表を変える装置を盗んだとして捕まってしまいます」
2022.02.18
News Words

filibuster ― ニュースで覚える英単語

Opposing lawmakers can filibuster proposed legislation. 「対抗する議員(野党議員)たちは法案に対して filibuster することができます」
2022.02.18
VOA

VOA の2分ニュース(21年8月23日)

 このニュースは、2021年8月23日午後8時(アメリカ東部時間)に放送されたものです。  音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。 このサイトで、最新のニュースを選んでください。最新のニュースはページのトップにあります。
English @ the Movies

own it ― アメリカ映画で使われた表現

2006年の映画 Akeelah and the Bee(『ドリームズ・カム・トゥルー』)は、11歳のアキーラ・アンダーソンの話で、彼女は学校のスペリング大会の勝者です。  映画のタイトルの bee は、Spelling Bee というスペリング大会の名前から来ています。また、bee には「人の集まり」という意味もあります。
2022.02.18
English @ the Movies

it’s cheesy ― アメリカ映画で使われた表現

 この表現は、The Sunlit Night というアメリカ映画に出て来るものです。この映画は2019年にアメリカで封切られた映画で、まだ邦題も付いていないようです。
2022.02.18
VOA

VOA の2分ニュース(21年8月2日)

 このニュースは、2021年8月2日午後7時(アメリカ東部時間)に放送されたものです。  音声とスクリプトは、ナラボー・プレスのサイトのこちらにあります。 このサイトで、最新のニュースを選んでください。最新のニュースはページのトップにあります。
タイトルとURLをコピーしました