カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 11.アメリカ2日目 ― その2

ロサンゼルス空港近くのホテルからダウンタウンのグレイハウンドバスのターミナルまでタクシーで行った。  バスターミナルは、アメリカ映画に出てくる風景そのものだった。「これがアメリカだ」と思った。  Palm Desert に行くバスを聞くと、「Palm Desert を通るバスはないが、Indio という町を通る。そこで降りて、Palm Desert に行くバスの運行をたずねるように」という回答だった。
2021.09.16
English @ the Movies

We’ll always have Paris. ― VOA English @ the Movies

 アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、1942年のアメリカ映画 Casablanca『カサブランカ』で使われた We’ll always have Paris. です。
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 10.アメリカ2日目

 アメリカ到着の最初の夜は夜中に目が覚め、明け方近くまで悶々と過ごす結果となったが、明るくなって朝食を食べると、ゆうべ「明日にでも日本に帰ってしまいたい」と思ったことなどすっかり忘れ、アメリカで過ごしていく希望も沸いてきた。
2021.09.16
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 9.アメリカ1日目 - ホテルに泊まる。

まだ公衆電話の使い方も分からない。ホテルも予約していないので、それから泊まるホテルを探さなければならない。ホテルの送迎バスなどがあったが、ホテルに行く方法も知らなくて不安だった。  結局、空港前のタクシーをつかまえ、「いちばん近いホテルまで」と言って連れて行ってもらった。
2021.09.16
English @ the Movies

snap out of it ― VOA English @ the Movies

アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、1987年のアメリカのロマンティック・コメディ映画 Moonstruck『月の輝く夜に』で使われた snap out of it です。
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 8.アメリカ1日目 ― 入国審査

ハワイ経由でロサンゼルスに飛んだ。つまり、ハワイで一度入国審査を行い、それ以降は国内線扱いだ。同じ飛行機のままだったが。  入国審査でトラブルが起きた。
2021.09.16
English @ the Movies

show me the door ― VOA English @ the Movies

アメリカ映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、1997年のアメリカ映画 Men in Black『メン・イン・ブラック』で使われた show me the door です。
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 7.東京に出てバイト

 アメリカの大学での English as a Second Language コースは、授業料が無料だと言ってきたので、かなり安心だったが、それでも、生活費は必要だ。どれほどの金が今後必要になるのかなどは考えも及ばなかったが、貯められるだけの金は貯めておこうと思った。
2021.09.16
English @ the Movies

You’re out of touch. ― VOA English @ the Movies

映画で使われた重要表現を学習しましょう。今週の表現は、2019年のイギリス映画 The Gentlemen『ザ・ジェントルメン』で使われた You’re out of touch. です。
2021.02.25
カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空 ― 6.いったん屋久島に帰る

 4年間の新聞配達(育英奨学生)と、内容が濃いとはとても言えない大学生活(留年でまだ学生身分だが)を終え、1976年3月末、私は大学に2年間の休学願いを出した。
2021.09.16
タイトルとURLをコピーしました